プロミスの審査時間を実際に申込んで調査してみた

更新日:2020/02/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスなら最短30分で審査回答!と聞かされても、「本当に30分で審査結果がわかるの?」と疑ってしまいますよね。
そこで、僕自身が実際にプロミスに申込んでみて、審査に一体どれくらいの時間がかかるのかを検証してみました。

その結果、プロミスに申込んでから審査結果がわかるまでにかかった時間は1時間34分!!

朝の10時25分に申込んで、審査結果が分かったのは11時59分でした。

みなさんこの1時間34分が早いと思いますか?

僕がプロミスに申込んだとき、僕はマネドリ編集部でアルバイトをし始めて3ヶ月のフリーターでした。
だからなのか、1時間34分で審査に通ったとわかったときは「こんなにすぐ審査結果がわかるのか!」と驚いたんです。

この記事では、プロミスの審査時間について、実際にプロミスの審査を受けてみた僕だから伝えられる情報を余すところなくお届けします。

プロミスに申込もうと考えているみなさんの不安が少しでも解消されるなら嬉しいです。

この記事の執筆
高山てつや 氏
ライターとしてプラスワンにアルバイト勤務しながらフリーライターとしても活動中。
前職は楽器専門店での接客と音楽教室の受付、ウクレレとギターの講師。
自分の現在の属性(低年収、低居住年数、低勤続年数)でもカードローンの審査に通るのか試してみました!
体当たりな取材でみなさんのカードローンに対する不安や悩みを解決します!

【口コミ300件調査】プロミスの審査回答がくるまでの時間は2時間以内

僕がプロミスに申込んだとき、申込んでから審査回答までの時間は1時間34分でした。

ただ、僕一人だけの数字では本当のプロミスの審査時間はわからないですよね?

そこで今回マネドリ編集部では、プロミスについて寄せられた口コミを300件以上調査し、審査時間について具体的な数字が書かれていた100件から平均時間を割り出しました。

その結果、93%の人が2時間以内に審査回答を得ていることが判明したのです。

 

まずはプロミスの審査時間に関する口コミ320件調査した結果をごらんください。

【プロミスの審査回答にかかった時間】
審査時間 人数
30分から1時間 33人
1時間から1時間半 41人
1時間半から2時間 19人
2時間以上 7人

この結果から、プロミスの審査にかかる時間は、2時間以内が平均だということがわかりました。

プロミスの審査時間はおおよそ2時間

上記の結果から2時間以内に審査回答を得られた人が93%ということがわかります。

つまり、プロミスに申し込んだときには、審査結果が出るまで2時間を見ておけば安心です。

結果がいつ出るかわからない場合に比べて、2時間でほぼ結果がわかると知っていれば安心できますね。

その他のカードローンと比較

同じように他社についても以下のように調査してみました。

社名/時間 30分~
1時間
1時間~
1時間半
1時間半~
2時間
2時間以内の
トータル
2時間以上
アコム
(97件)
67件
69.1%
4件
4.1%
6件
6.2%
77件
79.7%
20件
20.3%
SMBCモビット
(41件)
29件
70.7%
0件
0%
2件
4.9%
31件
75.7%
10件
24.3%
アイフル
(55件)
38件
69.1%
3件
5.5%
1件
1.8%
44件
76.4%
13件
23.6%

※レイクALSAも調査しましたが、データ数が2件とほとんどなかったため記載は省略しています

上記の結果はデータ数にばらつきがあるので正確な比較はできませんが、少なくても大手消費者金融会社のカードローンは全体的に審査スピードが速いと判断できます。

その中でも2時間以内の審査結果が93%のプロミスは、消費者金融の中でも最速と言えるでしょう。

審査受付時間

プロミスでは審査を受け付けている時間と審査を行っている時間に違いがあります。

プロミスの審査対応時間は9:00~21:00までです。

そのため、審査受付時間内に申し込みしても、時間帯によって当日中に審査を受けられない場合があります。

プロミスに申し込みするときは時間帯も考慮して申し込みをしましょう。

申込方法によって受付時間も違うので下記の表を参考にしてください。

申込方法 申込時間 審査対応時間
WEB申込 24時間365日 9:00~21:00
プロミス自動契約機 9:00~22:00 9:00~21:00
三井住友銀行
ローン契約機
9:00~21:00 9:00~21:00
電話 9:00~22:00 9:00~21:00
店頭窓口 平日10:00~
17:00
平日10:00~
18:00

※店頭窓口は土日祝日の営業をしていません。
※契約機により営業時間、休日が異なります。

土日祝日についても店頭窓口以外は9:00~21:00まで審査に対応しています。

WEB申込や電話申込では21:00以降も受付ができます。ただし審査は翌日の9:00以降となるので注意しましょう。

プロミスの審査とは

プロミスの審査内容について解説します。

まずは申込方法から確認していきましょう。

プロミスの申込方法

プロミスにはWEB申込と電話申込、郵送申込、店頭申込の4つの申込方法があります。

WEB申込

PCやスマートフォンで24時間365日申込みができます。

対応する金融機関を利用していればWEB完結が可能なので、加速に内緒で利用する場合はWEB申込を利用しましょう。

ひとことポイントのイメージ

WEB完結の条件は、選択した金融機関で本人確認が終了していることです(契約書類の郵送不要になる)。
WEB申込可能な金融機関は、プロミスの公式サイトから確認してください。 

電話申込

9:00~22:00の間であれば土日祝日でも申込が可能です。

電話で相談しながら申し込みができるというメリットがあります。

郵送申込

郵送で申し込みする場合は最も時間がかかります。

できるならその他の方法で申し込みするほうがいいですよ。

店頭申込

自動契約機(無人店舗)を含めて店頭での申込も相談しながら申し込めるメリットがあります。

お客様サービスプラザでの申し込みは平日のみですが、自動契約機は土日祝日も申込が可能です。

プロミスの申込条件

プロミスの申込み条件は以下のとおりです。

年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方
専業主婦やアルバイトをしていない学生は申し込みができません。

また、申込には本人確認書類が必要で、申込希望金額50万円超、他社残高を含めて100万円超の場合は、収入証明書の提出も条件となります。

プロミスの審査内容

プロミスの審査システムは「スコアリングシステム」と呼ばれていて、ほとんどのノンバンクで採用されているシステムです。

この方式では審査項目を点数化して、合計点数によって審査の通過を決定するので、審査スピードが速くなるというメリットがあります。

また、銀行融資に比べると消費者金融の審査基準は低いと言われています。それは金利が高いほど審査基準は低くなる傾向があるからです。

アコム、プロミス、SMBCモビットの審査通過率比較

そのためプロミスの審査基準も決して高い方ではありません。

審査通過率は44.5%と、同じく消費者金融のカードローンアコムと共に高い数字となっています
(2018年3月時点)。

正社員である程度の年収と勤務年数があれば、審査を通過する可能性は高く、非正規雇用の社員でも審査を通過する可能性があります。

ただし、審査に絶対はありません

また、過去に金融事故歴があったり、今現在未払いがあったりした場合はプロミスに限らず審査の通過はできません。

在籍確認は審査の必須事項

在籍確認は勤務先で実際に働いているかどうかを、直接電話して確認することを言います。

在籍確認なしでカードローン審査を通過することはできません

しかし、会社に直接電話されると、会社に消費者金融の利用がバレるのではないかと心配する人もいるでしょう。

在籍確認はスタッフ個人名でなされる

プロミスでは本人が電話口に出るまでは、絶対に社名を名乗ることはなく個人名で電話するため、プロミスからの電話であることはわからないので安心してください。

私用電話を受け付けない、外部から電話がかかる職場環境でないといった特殊なケースは、事前にプロミスに相談してみましょう。

プロミスが認めれば書類提出での在籍確認の可能性もありますよ。

審査を通過するためのポイント

ポイントのイメージプロミスの申込方法と希望金額、申込のタイミングから審査通過のためのポイントを確認しておきましょう。

申込書類に不備がないことや希望額が高すぎないこと、そして過去のクレヒスが優良であることが通過のポイントです。

書類の不備が絶対ないようにする

申込書類に不備があっては、せっかく通っていたはずの審査にも落ちてしまいます。

よほど心配な方は、電話や店頭窓口から申込んではいかがでしょうか。

申込方法によって審査の通過率が変わることはありません。

しかし店頭申込や電話申込を利用すれば、相談しながら申込みができます。

相談できることで申込書の記入ミスや勘違いによる入力を防止できるので、ケアレスミスによる却下を防ぐことができます。

希望金額は50万円以下で

審査を通過することが目的であれば、希望利用限度額は50万円以下でなるべく必要最小限の金額にすることで審査通過率は高くなります。

年収に見合わない高額な金額で申し込みすると、隠れた借金があるのではないかという疑いを抱かれる可能性もありますからね。

それに、コチラが少ない希望額で申込んだとしても、プロミス側から「このくらいまで借りられますよ?」と高めの限度額を伝えてくれる場合があります。

僕がプロミスに申込んだときは、希望額10万円で申込んだにもかかわらず、限度額32万円の枠で契約することができました。

クレジットヒストリーが重要

クレジットヒストリー(クレヒス)はローンやクレジットの利用歴のことです。

延滞なく完済したクレヒスが多数あると審査では有利な情報となり、審査通過率が高まります。

審査通過に自信がない人はクレジットカードなどでクレヒスと積み重ねてから申し込みしましょう。

審査に落ちてしまう場合とは

スマートフォンを持って悲しむ新人OL

銀行に比べて審査基準は低いプロミスでも必ず審査を通過できるわけではありません。

どんな場合にプロミスの審査を落ちてしまうのかまとめてみました。

個人の信用度や返済能力はもちろん、多重申し込みや虚偽記載など、申込時に問題がある場合も、審査に落ちてしまうケースがあります。

個人信用情報機関の情報

審査では必ず個人信用情報機関の情報を参照します。

この情報に事故情報や延滞情報があると審査の通過は難しいでしょう。

特に自己破産情報や3か月以上の延滞の記録があれば、プロミスでも審査の通過はできません。

収入が不安定(返済能力不足)

プロミスではパート・アルバイトでも安定した収入があれば審査を通過します。しかし、反対に正社員でも収入が不安定と判断されると審査を通過しません。

収入が不安定と判断されるのは勤務年数が短い場合が多いです。

少なくとも3ヶ月以上は同じ職場で勤務してから申込む方がいいでしょう。

多重申込み

個人信用情報機関の情報には申し込み情報もあります。

過去6ヶ月間の申込情報が記録されているので、申し込み情報が多いほど多重申込みと判断され審査の通過ができません。

特にローンの申込件数が多いと、お金に困っていると判断されてしまい却下率が高くなるでしょう。

虚偽記載

申込書の記載内容に嘘を記入しても審査の通過ができません。

特に多いのが勤務年数や年収を水増しして記入することです。

たとえ審査を通過したとしても虚偽であることがわかった時点で強制解約となり、一括で請求されることになります。虚偽記載は絶対にやめましょう。

即日融資の方法

プロミスは、申し込んだその日のうちに審査結果がわかり、その日のうちに借入まで完了させることができます。

プロミスに申し込んだ当日に借入する方法を、振込キャッシングとATM借入の2つの借入方法ごとに解説します。

審査受付時間と審査対応時間から逆算しよう

プロミスでは2時間以内に審査回答が得られたケースが多いので、即日融資のためには何時までに申し込みを完了させる必要があるのかを逆算して申込みましょう。

その場合2時間に融資を受ける時間もプラスして考えます。

申込方法 申込時間 審査対応時間 最短即日融資最終ライン
WEB申込 24時間365日 9:00~21:00 当日19時までに申込完了
プロミス自動契約機 9:00~22:00 9:00~21:00 当日19時までに申込完了
三井住友銀行
ローン契約機
9:00~21:00 9:00~21:00 当日18時までに申込完了
電話 9:00~22:00 9:00~21:00 当日19時までに申込完了
店頭窓口 平日10:00~
17:00
平日10:00~
18:00
当日15時までに申込完了

※店頭窓口は土日祝日の営業をしていません。
※契約機により営業時間、休日が異なります。

振込キャッシングが可能な場合

振込融資のイメージ現在多くの銀行は24時間365日振込が可能な「モアタイムシステム」を導入しています。

プロミスでもモアタイムシステムに対応しているので、24時間365日の振込キャッシングが可能です。

モアタイムに対応している口座を持っている場合、各審査対応時間の2時間前までならば最短即日融資が受けられる可能が高くなります。

プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、なんと申込から最短10秒で振込が完了!これは本当に驚くべきサービスです。

ATMから借り入れる場合

atmのイラスト自動契約機でローンカード発行して借り入れると即日融資できる可能性が高くなります。

ローンカードを郵送すると日数がかかるので、即日融資には対応できません。

自動契約機でのカード受け取りにして、契約機の営業時間から最終ラインを逆算して申し込みすると即日融資の可能性が高くなります。

プロミスの自動契約機であれば22時まで、三井住友銀行のローン契約機であれば21時まで稼働していますので、それまでに審査が完了するように19時までには申込をしておきましょう。

まとめ

僕がプロミスに申込んだとき、審査回答が得られるまでにかかった時間は、申込んでから1時間34分でした。

また、プロミスの審査時間に関する口コミを調査したところ、100人中93人の方が2時間以内に審査回答を得ていることが判明。

申込後、審査の結果が出るまでは2時間かかると思っておけば焦らずに済みそうです。

2時間以上かかったという人もいましたが、それでも即日の融資ができたという方ばかりでした。

申込んだものの、審査の結果がわからないとそわそわした気持ちになりますよね。それがいつまで続くのかがわからないと余計に焦ってしまうと思います。

プロミスは初回利用から30日間無利息期間があるなど、利便性の高いカードローンです(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。

審査時間を知った上で余裕を持った申込をして、有効活用してください。

執筆者からのコメント
高山てつや

プロミスに申込む前は、まさか申込んでから1時間34分で審査結果がわかるとは思っていなかったので衝撃でした。

プロミスに申込んだ当時の僕は、まだアルバイト勤務が3ヶ月経ったばかりで、年収も100万円を切っていたので、むしろ審査時間がたくさんかかった方なのではないかと思います。

そう考えると、プロミスが公式で伝えている「審査は最短30分」というのもあり得る気がしています。

どうしても今すぐお金を用意する必要があるなら、プロミスを計画的に利用して、ピンチを脱出してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加