プロミス、アコム、レイクALSA…使いやすい自動契約機はどれ?3社を編集部が比較!

更新日:2020/03/31
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近または過去にこんなことはありませんでしたか?

イベントが重なってお金を使いすぎた…
年末年始に帰省やお買い物をしたからお金を使いすぎた…

お金を使いすぎた理由は人によって色々。
なかには生活費(お金)が足りなくなってしまう人もいるのではないでしょうか?

そんなときは“足りないお金をどう工面するか”考えますよね。

家族に借りるか、友人に借りるか、銀行で借りるか、消費者金融で借りるか…
借りる先の選択肢はさまざま。

お金を家族や友人から借りることで自分へのマイナスな印象を与えたくない!
でも今日借りたい!
というのであれば、即日で借りられる消費者金融の自動契約機をマネドリ編集部はオススメします。

今回はマネドリ編集部スタッフが実際に利用してみたカードローン会社の自動契約機(アコム、プロミス、レイクALSA)から、以下の点を比較しました。

  • 自動契約機の営業時間
  • 自動契約機に滞在する時間
  • 自動契約機の台数
  • 自動契約機で解約はできるのか

「自分が借りやすいカードローン会社はどこだろう?」という悩みを解決するお手伝いができればと思います。

そもそも自動契約機とはどういったもの?

はじめに、自動契約機とはその場でカードローンの申込み、審査、契約、カード発行まで行うことができる機械のことをいいます。

自動契約機の設置場所は無人店舗が多く、個室になっているので人に見られることなくカードローンの契約が可能です。

自動契約機の操作は簡単?

自動契約機の操作はタッチパネルになっているところが多く、画面に映し出される案内に従って操作をしていけば良いので簡単です。

「簡単と言われても操作ができるか不安…」
という方もいるかもしれませんね。

自動契約機内では、オペレーターから説明されたり質問を受けたりしながら進めていくことができます。 そのため操作に不安があっても、申込者が操作に困ることはありません。。

そのため申込者が操作に困ることはありません。

自動契約機の申込方法

自動契約機からの申込方法はカードローン会社によって多少の違いがあるものの、基本的な流れはどのカードローン会社も同じです。

それでは、どのような手順を踏んでいるのかを確認してみましょう。

申込みの手続きから契約まで自動契約機を利用する場合
自動契約機のある店舗へ出向く

申込書(申込画面)に必要事項の記入

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出
※必要な場合は、給与明細書などの収入証明書類も提出

審査
※在籍確認も実施

審査結果が伝えられます

自動契約機が出力する契約書に必要事項を記入し提出

手続き完了後、カード発行

ATM、提携ATMや振込融資などが可能
インターネットで申込みをして、契約は自動契約機を利用する場合
インターネットで申込。その際に「来店契約」を選択する。

審査
※在籍確認も実施

審査結果が伝えられます

必要書類を持って、自動契約機のある店舗へ出向く

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を提出
※必要な場合は、給与明細書などの収入証明書類も提出

自動契約機が出力する契約書に必要事項を記入し提出

手続き完了後、カード発行

ATM、提携ATMや振込融資などが可能

「アコム」「プロミス」「レイクALSA」いずれの3社も、自動契約機で申し込む際の基本的な流れは上記のとおりです。 ここからは3社の概要を見ていきましょう。

「アコム」「プロミス」「レイクALSA」の概要をご紹介

マネドリ編集部スタッフが実際に利用した消費者金融から「アコム」「プロミス」「レイクALSA」の概要についてご紹介します。

アコム
融資額  1万円~800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%
※契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%
借入条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
必要書類 【本人確認書類】
以下のいずれか一点が必要
・運転免許証
・健康保険証+住民票か公共料金領収書か納税証明書
・個人番号カード(マイナンバーカード)
【収入証明書類】
希望額が50万円以上、または他社を含め借入が100万円を超える場合、以下のいずれか一点が必要
・源泉徴収票
・給与明細書
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間、返済回数 最長9年7か月、1回~100回
担保、連帯保証人 ともに不要

※ 「貸付利率」は経済情勢等により変更する場合があります。

アコムのカードローンは最短30分で審査が完了し、即日利用ができるカードローンです。
アコムでの契約がはじめての人は、契約日の翌日から30日間無利息サービスを利用できる“30日間金利0円サービス”が適用されます。

プロミス
融資額  1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~17.8%
※新規契約の方が対象となります。
借入条件 20歳以上、69歳以下で安定した収入がある
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合、申込み可能
必要書類 【本人確認書類】
以下のいずれか一点が必要
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票
※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせて提出
【収入証明書類】
希望額が50万円以上、または他社を含め借入が100万円を超える場合、以下のいずれか一点が必要
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間、返済回数 最長6年9か月、1回~80回
担保、連帯保証人 ともに不要

プロミスはインターネットから申込むと、申込から融資までが最短1時間で完了するカードローンです。
プロミスを初めて契約する際、Eメールアドレスを登録し、書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にすることで、初回借入日の翌日から30日間の無利息サービスが適用されます。

レイクALSA
融資額  1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
借入条件 ・満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
・安定した収入がある
※パート、アルバイトなどの非正規雇用でも安定した収入があれば申込み可能
必要書類 【本人確認書類】
以下のいずれか一点が必要
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票の写しか公共料金の領収書か印鑑登録証明書
(いずれも発行日から6ヵ月以内の原本に限ります。)
※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせて提出
【収入証明書類】
希望額が50万円以上、または他社を含め借入が100万円を超える場合、以下のいずれか一点が必要
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月。1年分の賞与明細書もあれば直近2ヶ月とあわせて提出)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
元利定額リボルビング方式
返済期間、返済回数 最長8年、最大96回
担保、連帯保証人 ともに不要

レイクALSAは、選べる無利息サービスが特徴のカードローンです。
レイクALSAとの契約が初めての人であれば、以下どちらかの無利息期間を選ぶことができます。
※併用することはできません。
※WEB申込以外の方は30日間利息0円と借入額の内5万円まで180日間利息0円のいずれかを選択します。

  • 契約日の翌日から60日間利息0円(Web申込み限定)
  • 借入れ額のうち5万円まで180日間利息0円

自動契約機の営業時間は?

どのカードローン会社も契約の流れが同じとはいえ、自動契約機の営業時間や審査可能時間は金融会社ごとに異なります。
カードローン会社の自動契約機の営業時間は以下のとおりです。

  営業時間 審査可能時間
プロミス 9:00~22:00
※一部店舗を除く
9:00~22:00
※年末年始を除く
アコム 9:00~21:00
※一部店舗、年末年始を除く
9:00~21:00
※年末年始を除く
レイクアルサ

9:00~22:00(月曜~土曜日、祝日)
※年末年始を除く

8:00~21:00(通常時間帯)
※年末年始を除く
9:00~19:00(日曜日)
※年末年始を除く
※一部店舗によって異なります。
8:00~18:00
※年末年始を除く

審査可能時間を見てみると
「比較的遅い時間まで審査可能なのかな?」
と感じませんか?

実際には審査にかかる時間を考慮して、審査受付が終了する1時間前までに書類提出を含めた申込みを完了させておく必要があるんです。

書類提出後の審査は最短30分で終わるところもありますが、これはあくまで最短。
申込み日の混雑状況によっては翌日以降の審査に回る可能性もあるため、申込みには余裕をもちましょう。

笑顔の先生
連休前などは審査に数時間かかるケースもあるようなので、即日融資を希望するなら、午前中に手続きを完了するのがおすすめです。

自動契約機を利用すると、どれくらいの滞在時間になるの?

自動契約機の利用には以下2つのパターンがあり、それにより滞在時間が変わります。

  1. 申込みの手続きから契約まで自動契約機を利用する場合
    審査を待つ時間も含め1時間半から2時間ほどの滞在時間
  2. インターネットで申込みをして、契約は自動契約機を利用する場合
    自動契約機で審査を待たなくて良いため、大体30分程度の滞在時間

ネット申込なら早い系記事のヘッダー

「プロミス」「アコム」「レイクALSA」自動契約機に滞在する時間を比較!

2パターンで手続きをした場合の自動契約機に滞在するおおよその時間を比較してみました。

  申込みの手続きから契約まで
自動契約機を利用した場合
インターネットで申込みをして
契約は自動契約機を利用
プロミス 1時間30分~2時間 20分~30分程度 
アコム 1時間~2時間 30分程度 
レイクALSA 40分~2時間 20分~30分程度 

レイクALSAで申込みの手続きから契約まで自動契約機を利用した場合の滞在時間は最短40分
これは申込内容に何も問題がなかった場合の最短時間になりますので、一般的には1時間程度の時間はかかると思っておいたほうが良いかもしれません。

でも3社とも滞在時間が大体同じですね。

「普段忙しいから自動契約機の滞在時間にそこまで取れない!でも早くお金を借りたい!」
または
「家族に消費者金融でお金を借りていることを知られたくない!だから自宅にローンカードを送られたくない!」
という方は、“インターネットで申込みをして、契約は自動契約機の利用”がオススメです。

自動契約機はローンカードの発行がその場でできるので、早くお金を借りたい方や家族バレしたくない方のお悩みを解決してくれます。

「プロミス」「アコム」「レイクALSA」の自動契約機の設置台数はどこが多い?

自動契約機は土日祝日も営業しているため、忙しい人でもカードローンの申し込みやカードを受け取りに行くことができます。

また、自動契約機が自宅や職場の近くにあると、申込者は自動契約機をより利用しやすくなりますよね。

基本的に自動契約機を設置している金融会社は、大手消費者金融会社と一部の銀行です。
ここでは、自動契約機を設置している金融会社と設置台数について比較していきます。

  自動契約機の設置台数
プロミス 925台
アコム 938台
レイクALSA 708台

※プロミスとレイクALSAは2020年1月7日時点の台数
※アコムは2020年3月末時点での台数
※プロミスは自動契約機だけでなく、契約機のみの台数も含めると1,339台。

プロミスとアコムは自動契約機の台数を公表しています。
しかしレイクALSAは店舗数の公表をしてはいるものの、自動契約機については明らかにしていません。
そのため、レイクALSAの場合は店舗数を自動契約機に置き換えています。

「プロミス」「アコム」「レイクALSA」の系列銀行で契約機が利用できる!

カードローン会社の多くは銀行グループの傘下にあるため、系列にある銀行の自動契約機が利用できます。

例えばプロミスだと自社の自動契約機に加え、三井住友銀行のローン契約機も利用することができるんです。

これによりプロミスの自動契約機コーナーが利用中だったとしても、近くにある三井住友銀行の機械を利用して契約をすることが可能です。

  系列の銀行
プロミス 三井住友銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
レイクALSA 新生銀行グループ

自動契約機で解約はできるの?

契約した時の自動契約機で解約もできるかは知っておきたいところ。

マネドリ編集部ではプロミスもアコムもレイクALSAも、自動契約機で解約ができるのかを調べてみました。

  解約できる自動契約機 他の解約方法
プロミス   電話(プロミスコール)か店頭窓口でも解約可能
アコム   電話(アコム総合カードローンデスク)か店頭窓口でも解約可能
レイクALSA   お客さま専用フリーダイヤルから解約手続きをする

プロミスとアコムの自動契約機では解約ができますが、レイクALSAの場合は自動契約機での解約ができません。

レイクALSAは電話でのみ解約手続きができます。

解約方法によって必要なものがあることに注意!

自動契約機や店頭窓口で解約する場合は、以下のような必要書類があります。

  解約方法 必要書類
プロミス 自動契約機
  • 本人確認書類
  • プロミスのローンカード
電話(プロミスコール) 不要
店頭窓口
  • 本人確認書類
  • プロミスのローンカード
 アコム   自動契約機
  • 本人確認書類
  • アコムのローンカード
電話(プロミスコール) 不要
店頭窓口
  • 本人確認書類
  • アコムのローンカード
 レイクALSA 電話(お客さま専用フリーダイヤル) 不要

自動契約機と店頭窓口ですと本人確認書類が必要ですが、電話でしたら必要書類は不要。

電話一本で楽に解約ができるのは日ごろ忙しくされている方にとっても便利な方法ですね。

まとめ

カードローンの申し込みは自動契約機を利用するのが一般的な契約方法だと思います。
消費者金融カードローンは自動契約機で申込をすると直ぐにローンカードを受け取れるので、とくに急いでいる人におすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加