在籍確認はJ.Score(ジェイスコア)でもある!電話のかかってくるタイミングと対策

更新日:2020/08/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン選びで消費者金融のJ.Score(ジェイスコア)に申込みしようとした場合、審査で気になることのひとつが「在籍確認があるのか ?」ということですよね。

在籍確認では、J.Score(ジェイスコア)から勤務先に電話をかかってくるため、申込者の中にはそれを気にして融資申請を断念する人がいるかもしれません。

そこで「なぜ在籍確認はあるのか」「J.Score(ジェイスコア)に申込みしたら在籍確認されるのか」そして「電話が職場にかかってくるのはいつなのか」などを詳しく説明します。

また「電話による在籍確認があるとしたら、どう対応したらいいか」。電話以外にも在籍確認の方法はあるのかなどについても解説します。

J.Score(ジェイスコア)とは ?

J.Score(ジェイスコア)は2016年11月、日本3大メカバンクの「みずほ銀行」と、携帯3大キャリアのひとつ「ソフトバンク」の合弁で設立された消費者金融です。

その特徴は、カードローン審査にAI (人工知能) 診断を取り入れたこと。
他の大手消費者金融は、依然として従来からのスコアリングモデルを使用してカードローン審査を行っています。
ところが、J.Score(ジェイスコア)では審査判定にAIを採用することで、より申込者の実態に近づいた信用性や支払い能力の判定を行おうとしています。

この判定方法をJ.Score(ジェイスコア)ではAIスコア診断と呼んでいます。
審査判定のベースとなっているのが、みずほ銀行から得られる膨大な個人取引データと、ソフトバンクユーザーからの各種取引情報、いわゆるビッグデータと呼ばれるものです。

J.Score(ジェイスコア)の商品スペック

J.Score(ジェイスコア)の金融商品はサービス名同様、AIスコア・レンディングといいます。
まずは提供されている商品内容についてチェックしていってみましょう。

利用対象 以下のすべての条件を満たす個人
・ご契約時年齢が満20歳以上満70歳以下の国内に居住する方
・安定かつ継続した収入の見込める方
※学生、留学生でアルバイトなど安定収入がある方も申込み可能
※永住権のない外国人の方も申込み可能
契約極度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
融資額 1万円以上(1千円単位)
貸付利率(実質年率) 0.8%~15.0%
※「みずほ銀行」「ソフトバンクまたはワイモバイル」および「YahooJapan」との情報連携により貸付利率をそれぞれ0.1%(最大0.3%)引き下げ
資金使途 自由
※投機性資金、事業性資金は利用不可
返済方式 残高スライドリボルビング方式
最低約定返済額1千円
返済回数 最終借入日後、原則最長10年/1~120回
契約極度額に応じ以下の返済回数を適用する
・30万円以下36回以内
・30万円超100万円以下60回以内
・100万円超1,000万円以下120回以内
担保、保証人 ともに不要

J.Score(ジェイスコア)は、銀行カードローンに比べても、申込み時年齢が満70歳までとかなり高齢まで申込みが可能。
さらに留学生や永住権のない外国人の方まで申込みできるなど、ずいぶん弾力的な利用条件となっています。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングとは ?

新人OLのイメージAI技術をカードローン審査に応用したAIスコア・レンディングは、申込者が自分の個人情報をJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア診断画面で情報入力すると、AIが本人の信用力を審査し、その結果をスコアとして算出、提示してくれます。

スコアは1,000点が上限で、J.Score(ジェイスコア)の審査を受けるには600点に設定されています。
そのため診断結果が599点以下だと申込みできません。

AIスコア・レンディングは、自分のスコア結果と同時に、カードローンの借入利率と契約極度額の目安を確認できるところにあります。
つまり診断スコアや借入利率、契約極度額の目安を確認してからJ.Score(ジェイスコア)に正式に申込みするかを利用者自身で決められるため、申込み後に後悔することも少ないのではないでしょうか。

他の大手消費者金融では正式に申込みしてみないと、借入利率や借入限度額などの融資条件が分かりません。
これは他社にはないJ.Score(ジェイスコア)の大きなメリットです。

またAI診断を受けるだけでは、その個人の基本情報は個人信用情報機関に登録されることもないので、デメリットなく安心して何度でも診断を受けることができます。

J.Score(ジェイスコア)の審査はAIスコア診断、信用情報、在籍確認で決まる

J.Score(ジェイスコア)でカードローン審査を受ける場合、たしかにAIスコア診断という方法は新しい審査方法なのですが、それ以外については他の大手消費者金融と同じ審査基準に基づき審査が行われています。

それは信用情報チェックと在籍確認です。
まずAIスコア診断と信用情報チェックについて詳しく解説します。

AIスコア診断

AIスコア診断でスコア審査は、対話形式で自分の個人情報を診断画面で入力していきます。

質問は基本18項目と追加質問からなっており、全部答えると160項目以上

基本項目だけでスコア診断は可能ですが、より多くの質問に答えることでスコアは上がります。
空いた時間を使って、すべての項目を入力するのがおすすめです。

入力時間は基本18項目に答えるだけだと5分程度。もしも全部の質問に答えると、合計で30分から40分くらいかかるのではないでしょうか。

信用情報チェック

信用情報チェックは貸金業者なら必ず行う審査項目です。
具体的にはJ.Score(ジェイスコア)が加盟している個人信用情報機関CICとJICCに申込者の個人情報を問い合わせして、本人の信用に問題がないかチェックします。

チェック項目は主に以下の点です。

・申込者の過去の信用商品(カードローン・クレジットカードなど)の利用履歴
・申込者の現在の信用商品の申込み、利用状況(借り入れ、返済等)

信用情報チェックで、特に申込者の信用度を著しく落とす行為(返済の長期滞納、自己破産等の債務整理、保証会社による代位弁済等)の情報登録があると審査通過しない可能性があります。

在籍確認の目的は?審査の重要度もチェック

AIスコア診断、信用情報チェックと合わせてJ.Score(ジェイスコア)の審査で重要なのは在籍確認です。

在籍確認の目的とは ?

カードローン審査をするオペレーターのイメージ在籍確認の目的は、J.Score(ジェイスコア)の審査担当者が申込者の勤務先に電話をかけて「本当に本人がその勤務先に在籍して働いているかどうか」を確認することです。

電話をかけて、もし申込者が実際にその勤務先で働いていないとなると、申告された収入や勤務年数などもウソということになり、AIスコア診断に大きく影響してくることになります。

それではJ.Score(ジェイスコア)も困るので、在籍確認はとても重要な審査手続きになっているのです。

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認に対する考え

在籍確認について、J.Score(ジェイスコア)はどのように位置付けて対応しているのか、ちょうどよい回答がJ.Score(ジェイスコア)の公式サイトの質問コーナーにあったので引用してみました。

引用開始
Q:申込みしたときに自宅や会社に連絡が入るのですか ?
A:審査の際に、お勤め先やご自宅へ確認の電話をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。なお、特別なご事情がありますときは、お客さま専用フリーダイヤル(0120-976-426)へお電話をお願いします。
受付時間
(審査に関する個別のお問い合わせ)平日9:00-19:00、土曜・日曜9:00-18:00
(その他のお問い合わせ全般)平日9:00-19:00
 ※祝日・振替休日・年末年始を除く
引用終わり

このように、J.Score(ジェイスコア)では公式に在籍確認で勤務先や自宅に電話をかけることを意思表示しています。
申込みをしたら在籍確認は基本的に行われるということは、しっかりと認識しておいてください。

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認は本審査の中で行われる

それではJ.Score(ジェイスコア)の在籍確認はどのタイミングで行われるのでしょうか ?
審査の流れから順追って説明します。

J.Score(ジェイスコア)の審査の流れと在籍確認のタイミング

J.Score(ジェイスコア)の審査の流れは以下のようになっています。

1.AIスコア診断

2.正式申込

3.仮審査
(信用情報機関に情報照会)

4.必要書類提出

5.本審査
(在籍確認)

6.契約

7.借り入れ

在籍確認の手続きは本審査の中で行われます。

さらにもう少し詳しく説明すると、在籍確認は本審査の最終段階で行うのがほとんどです。

審査担当者の判断で本審査の初めの段階や、必要書類提出のタイミングで電話をすることも可能ですが、もし審査結果が悪かった場合、せっかく電話をしたことも無駄になってしまいます。
あるいは審査落ちした申込者から「落ちることが分かっていたのに、何でわざわざ会社に電話を入れたのだ」と文句をいわれるかもしれません。

そのようなリスクを避けるため、審査担当者は一般的にほぼ審査に通った最終段階で、最後の手続きとして在籍確認の電話をかける場合が多いのです。

電話による在籍確認は簡単な内容のみ!

ところで在籍確認で勤務先に電話をかけられるとなると、「いったいどんな電話をかけられるのだろう ?」「電話をかけられたら、J.Score(ジェイスコア)に申込みしたことを職場の人にバレてしまうのではないか ?」って不安に思いますよね。

お金を金融機関から借り入れしようとしている立場の人なら、そう思うのも無理はないでしょう。

ところが、この在籍確認はそれほど心配するような内容でもありません。

実際のところ、電話による在籍確認は簡単な内容のものが多く、勤務先や家族にバレる確率はほとんどないのです。

その理由を以下の章で説明するとともに、J.Score(ジェイスコア)から電話をかけられた時の申込者の対応にも言及します。

電話に他の社員が出ても申込者本人が在籍していることが分かればいい

在籍確認は要するに、申込者本人がその勤務先で働いている事実がJ.Score(ジェイスコア)に分かればいいので以下のような会話でそれが確認できます。

J.Score(ジェイスコア):もしもし、私○○(個人名)と申しますが、××さんはいらっしゃいますか ?
⒜本人がいた場合:はい、私です。
⒝他の社員が電話を取った場合:××は今、所用で席をはずしています。

いかがでしょう?とっても簡単な内容ですよね。

このような会話からJ.Score(ジェイスコア)への申込みがバレることはほぼありません。

一点注意したいのは、他の社員が電話に出た場合、「××という名前の社員は弊社にはいません」と答えたら、在籍している事実を確認できなかったため審査落ちする可能性があります。

審査担当者の個人名でかけるのでバレる可能性はほとんどない

J.Score(ジェイスコア)の場合、勤務先への電話は会社名でなく、審査担当者の個人名でかけるので、仮に電話に出た人が他の社員でもカードローンの申込みがバレる可能性はほとんどありません。

中にはしつこく用件を聞く社員もいるかもしれませんが、そのような場合でもJ.Score(ジェイスコア)の担当者は絶対本当の用件を他人に伝えないよう訓練されています。

なぜなら貸金業者は法律でそのような行為を禁止されているので、わざわざ法律を冒してまで他人に用件を伝える審査担当者はいないからです。

在籍確認の電話は通常1~2分以内に終わる

すでに会話形式で在籍確認の電話の内容を解説したように、電話内容はきわめてシンプルです。
スムーズに会話が進めば、J.Score(ジェイスコア)が電話をかけてからその目的を果たすまでの所要時間は多くても1~2分程度です。

勤務先によほど暇を持て余して聞き耳を立てている社員でもいない限り、これで勤務先に申込みの事実がバレる確率はきわめて少ないものと考えています。

他の社員から電話の要件を聞かれた時の申込者本人の対応

それでも中には興味本位で、電話が終わったあと、「何の電話だったの ? 」としつこく申込者に聞いてくる社員もいるかもしれません。

その時のために申込者が適当ないいわけを考えておくのもいいでしょう。

いいわけの例としては以下のような説明が相手も納得する可能性が高いです。

・クレジットカードの申込みをしているので、それの再確認の電話でした
・銀行の口座開設の手続き中なので、銀行から本人確認の電話でした

在籍確認で電話を勤務先にかけられたくない場合の対策

J.Score(ジェイスコア)で在籍確認の手続きがあり、電話での会話が簡単で勤務先に申込みしていることがバレる確率は低いといわれても、それでも勤務先に電話をかけられることが嫌な方っていますよね。

人それぞれ考え方や個別の事情が違っているので、そう思う方がいるのも無理はないと思います。

そこでJ.Score(ジェイスコア)では在籍確認を電話以外の方法でできるのか、あるいは在籍確認なしで借りられるのかを解説します。

書類で在籍確認を済ませる方法

指をさしてポイントを教える先生J.Score(ジェイスコア)の公式サイト、質問コーナーで在籍確認の答えとして「なお、特別なご事情がありますときは、お客さま専用フリーダイヤル(0120-976-426)へお電話をお願いします」となっていたのを覚えていますか ?

このように、J.Score(ジェイスコア)でも他の大手消費者金融同様、本審査が始まる前に事前に相談すれば、在籍確認の手続きを、電話に代えて書類で済ませてくれる可能性があります。
ただしそのためには相談するタイミングが大事なので、かならず仮審査が通ったらすぐにJ.Score(ジェイスコア)に電話して相談することを忘れないで下さい。

相談のタイミングが遅れるとか、申込み後何もしていないと、J.Score(ジェイスコア)としても、そのまま在籍確認の手続きで勤務先に電話をかけてしまいます。
申込者から相談を受ければ、申込者の個別事情やAI診断のスコア結果、申込み限度額などを総合的に判断して、書類対応ができるかどうか判断してくれるでしょう。

ちなみに一般的に在籍確認で利用できる確認書類には以下のようなものがあります。

書類対応してもらいたい方はできるだけ早めに準備しておきましょう。

・勤務先発行の健康保険証
・社名入りの給与明細書または社員証
・源泉徴収票

J.Score(ジェイスコア)と他の大手消費者金融業者の違いとは ?

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認を中心に詳しく述べてきましたが、これまでのことを踏まえ、J.Score(ジェイスコア)と他の大手消費者金融の違いを3つの視点から解説します。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコアは申込者の可能性もみている

泣いて喜ぶ若手社員のイメージJ.Score(ジェイスコア)のスコアリング審査の入力項目は従来の収入や勤務先などの重要項目に加え、本人の趣味や資格、将来性を吟味する点にあります。
また、関連会社である「みずほ銀行」「ソフトバンクまたはワイモバイル」「ヤフー」と情報連携をすることで金利が下がるのも大きなポイントです。

さらにこれまで知ることのできなかったスコア審査の得点をAIスコア審査では知ることができ、あわせて借入利率、契約極度額の目安を分かるようになり、J.Score(ジェイスコア)に申込みするかどうかの判断材料になります。

どちららかというと、J.Score(ジェイスコア)を除く他の大手消費者金融の審査は、現在の属性評価が高く評価される正社員や勤務年数の長い人向きだといえます。

ひとことポイントのイメージ

属性だけでなく申込者の可能性や生活習慣まで見て判断するJ.Score(ジェイスコア)は、現在属性評価が低くても今後に期待できる若者向きの消費者金融といえそうです。
実際にJ.Score(ジェイスコア)の公式ページは、若者を意識したデザインになっていると言えます。

J.Score(ジェイスコア)は申込みから借入までWebですべて完結

J.Score(ジェイスコア)は手続きのすべてをWeb完結で済ませる消費者金融です。

一方他の大手消費者金融は、申込みから、審査、借り入れ、返済までバリエーションが豊富で、さまざまな属性を持つ方が利用しやすくなっています。

やや不便さを感じるかもしれませんが、利用方法が限られているとメリットもあります。

J.Score(ジェイスコア)は銀行カードローン並みに低金利

J.Score(ジェイスコア)は借入利率の上限が年率15.0%と一般的な消費者金融と比較してかなり低金利です。

J.Score(ジェイスコア)がこのような低金利を実現できた要因は、融資診断にAIを活用し、申込みはWeb完結に絞り、さらに無店舗対応による人員削減でローコスト経営を可能にした点があると推測します。

他の大手消費者金融は、提携先も含めて実店舗網も充実しており、いろいろなニーズを持つ顧客に対応できるようになっています。

しかしそれは高コスト体質にもつながるため、J.Score(ジェイスコア)に比べて、どうしても平均的な借入金利が高くなっています。

どの金融業者を選ぶかはあくまで個人の判断によりますが、できるだけ低金利で借りたい利用者にはやはりJ.Score(ジェイスコア)は有力な候補となるのではないでしょうか。

まとめ

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認について解説しましたが、ポイントをまとめてみます。

1.AI(人工知能)をカードローン審査に初めて取り入れた消費者金融業者
2.在籍確認は本審査の最終段階で行われ、手続きもそれほど難しいものではない
3.在籍確認の基本は電話で行われるが、事前相談すれば書類対応や在籍確認なしとする対応も期待できるが、J.Score(ジェイスコア)が個別判断する
4.みずほ銀行に取引口座があったり、ソフトバンク、ワイモバイル、ヤフーなどにユーザー契約または個人ID登録があれば、金利面で優遇されるのでおすすめ

J.Score(ジェイスコア)は低金利で非常に魅力的ですし、従来の審査に加え申込者の可能性にも目をやり、1人ひとりの評価をしっかりとして、その人にあった金利と利用上限額を設定してくれますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加