レイクALSA(レイクアルサ)で3万円借りるメリットあり!選べる3つの無利息期間が魅力!!

更新日:2020/03/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

長期ではないけど、3連休など短くもまとまった休みがあると、家族や友人、恋人と一緒に近場の旅行を計画したり、買い物などの遊興に費やしたいと思うことがあるかと思います。
でも、そんな時に限って懐具合が寂しく、例えば3万円という金額であっても捻出が難しく、泣く泣く計画を諦めたり、誘いを蹴ったりしたという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな苦い経験を回避するのに役立つのが即日融資も可能なカードローンです。
なかでも、選べる3つの無利息期間があるレイクALSA(レイクアルサ)のカードローンはメリットが大きいとのこと。
レイクアルサの3つの無利息期間がどういうものかを確認するともに、その特徴に迫っていきます。

レイクALSAで少額借りるメリットとは?

悩む万年係長のイメージ3万円程度の急な出費というのは、近場に連休を使って旅行するというだけでなく、冠婚葬祭であったり、病気や怪我で入院するなど様々なシーンが考えられます。

特に給料日直前などのタイミングは懐事情が寂しく、また、目前に収入があるのがわかっていると、その場だけでもしのぎたいという思いが強くなるのではないでしょうか。

そんな窮地を救ってくれるのがカードローンです。

とくに今回紹介するレイクALSAのカードローンのおすすめポイントを挙げると、以下のような点があります。

レイクALSAのメリット

  • 即日融資、WEBで最短60分融資も可能
  • 申込から融資までネット完結
  • カードレス利用可能
  • ネットで明細確認でき郵送物もなし
  • 利用できる提携ATMが豊富
  • お借入れ診断で融資が可能かをチェック

レイクALSAを利用したい人や、すでに契約している人の利便性がしっかりと考えられていてるので、申込前から大きな安心感を得られるのではないでしょうか。

しかし、上に挙げた内容であれば他にも対応する消費者金融はあります。

実はレイクALSAをおすすめしたい最大の理由は別にあります。

それは「5万円まで180日間無利息」と「WEB申込限定で60日間無利息」という、選べる無利息期間サービスの存在です。

そもそも無利息期間サービスって?

レイクALSAの無利息サービスは全てで3つの中から選ぶことができます。

レイクALSAの3つの選べる無利息期間サービスは、「レイクALSAと初めて契約した人」が利用できる初回特典のようなものです。
では、3つの無利息サービスは一体どういったものなのでしょうか?

レイクアルサの無利息サービスは以下の3つです。

レイクALSAの無利息サービス

  1. WEB申込限定で借入額全額が初回契約翌日から60日間無利息※契約額1~200万円まで
  2. 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間無利息※契約額1~200万円まで
  3. 借入額全額が初回契約翌日から30日間無利息

それぞれの無利息サービスの内容について紹介します。

【WEB申込限定の60日間無利息サービス】
・初回契約日の翌日から無利息期間開始
・WEBで申込を行った方限定
・契約額200万円以下の方のみ対象
・無利息期間中も返済が必要
・その他の無利息サービスと併用不可
【180日間は借入額の内5万円が無利息】
・初回契約日の翌日から無利息期間開始
・5万円以上の借入れも可能
・5万円超えた金額に利息がかかる
・無利息期間中でも返済が必要
・契約額200万円以下の方のみ対象
・他の無利息サービスとの併用不可
【30日間無利息】
・初回契約日の翌日から無利息
・契約額200万円以上の方対象
・無利息期間中でも返済が必要
・他の無利息サービスとの併用不可

消費者金融のカードローンでは、多くの事業者が無利息期間サービスを実施していますが、その多くが30日間無利息サービス。5万円までという制限はあるものの、約半年にわたり利息がつかないのはレイクALSAだけの特徴です。
また、併用不可ではあるものの、30日間無利息サービスと選択式になっているのも利用者にとって嬉しいポイントではないでしょうか。

では、3万円借りた場合にはどちらを選択したほうが得になるのでしょうか?
1回での返済ということであれば、どちらを選んでも同じですが、少しゆとりを持って返したいということであれば、「5万円まで180日間無利息」に分があるのは明白です。

3万円以上借りていないという前提のもと、話を進めているので、もしも追加融資をした場合は利息額が変化するので注意が必要。
なお無利息期間は「契約日の翌日から」適用されるのであって、「借入れ後の翌日から」ではないため、すぐに借入れをしないという場合は、メリットが小さくなります。

そのため、「明日にでも、いや、今すぐに必要!」という方以外は申込みを考え直してみるのがいいかと思います。

なお、レイクALSAでは、どっちの無利息を選ぶのが得かを診断するためのシミュレーターを用意しているので、3万円以上の利用する可能性のある人は、まずこちらで調べることをおすすめします。

 

レイクALSAの商品内容は?利用条件はある?

レイクALSAのカードローンは、どういった商品内容と利用条件があるのでしょうか?
気になるポイントを表にまとめてみました。

融資額 1万円~500万円
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
※実効年率は契約額、利用残高に応じて異なる
利用対象 国内在住の満20歳~70歳で安定した収入のある人
(パート、アルバイト含む)
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間、返済回数 最長8年、最大96回
※自由返済のため、返済期間と回数は返済計画により変動
必要提出書類 本人確認書類※
※運転免許証、パスポートなど
収入証明※※
※※契約額に応じて提出要請がある
担保、保証人 ともに不要

注目したいのがレイクALSAのカードローンは、アルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用であっても安定して継続した収入があれば利用できるという点。
どうしても非正規雇用では申込すらできないという印象がありますが、最近ではさまざまな働きかたも出てきているので、レイクALSAではそうしたニーズに応えてくれています。

申込方法3種類は受付時間に差がある。

レイクALSAの申込方法は、「電話」「WEB(PC、スマホ、アプリ)」「自動契約機」の3つです。
電話とWEBは申込みは24時間受付ていますが、審査回答が可能な時間は決まっています。
それぞれの営業時間は以下のとおりです。

電話
通常時間帯 24時間受付
9:00~21:00(審査回答可能時間)
毎月第3日曜日 24時間受付
9:00~19:00(審査回答可能時間)
WEB(パソコン、スマホ、アプリ)
通常時間帯 24時間受付
8:10~21:50(審査回答可能時間)
毎月第3日曜日 24時間受付
8:10~19:00(審査回答可能時間)
自動契約機の営業時間
平日、土曜日 9:00~22:00
日曜祝日 9:00~19:00

※自動契約機を利用して初めて融資を受ける際は8時~22時までの受付となります。

オペレーターのイメージ基本的な営業時間は表のとおりですが、年末年始や一部店舗によって異なるので利用前にチェックすることをおすすめします。

最短で融資を受けるなら、WEB、自動契約機ともに21時までに契約手続きを完了すれば即日融資を受けることもできます。
なお、電話から申込みの場合は、契約手続きを完了させるために、お近くの自動契約機設置場所に足を運ぶか、インターネットから手続きをする必要があります。
※WEB申込みは日曜日のみ、18時までの契約完了で即日融資も可能

3万円借りる場合も審査はある!通過するためのポイントは?

借入金額が3万円だと言っても、レイクALSAを利用するための審査は必ずおこなわれます。

一般的に少額融資であれば通過する可能性が高まると言われているものの、公式にそうしたアナウンスはしていないので、利用者からの願望も含まれているのかもしれません。
では、審査でどういったことが重視されているのでしょうか?
注意したいポイントをまとめてみます。

審査で注意するポイント

  • 申請内容に誤りや虚偽の情報がない
  • 過去に金融事故を起こしていない
  • 多重債務の状態になっていない
  • 借入金額が総量規制の範囲で収まっている

なかでも「申請内容に誤りや虚偽の情報がない」というのは、申請するときに自分でしっかりと見直しやすいポイントだと思います。
記入する内容を間違ってしまう可能性は注意していてもあるかもしれません。
しかし、記入ミスだったとしても、審査を担当する人にしてみれば「虚偽情報」に見えてしまうこともあるでしょう。

ちょっとしたミスであっても、間違いがあった場合はバレてしまい、審査に通らないということだけでなく、その情報が記録されてしまう恐れもあります。
そのため提出前にしっかりと見直すことを忘れないようにしてください。

まとめ

レイクALSAで3万円借りるメリットとして最も大きいのは、2つの選べる無利息期間の存在です。

3万円程度の借入であれば「5万円まで180日間無利息」を選択するのがベストです。

180日間の無利息期間中に気をつけないといけないことがいくつかあります。

・無利息期間中でも返済はあるので、決められた金額を返済する
・無利息期間中に返済が滞ると、無利息期間が終了する
・無利息の対象となるのは5万円まで、超過分は利息がかかる
・無利息期間終了後は、通常の適用利率がかかる

特別なことはありませんが、無利息期間を無返済期間と思い込んでしまう人も中にはいるかもしれません。
契約内容はしっかりと確認することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をみた人は、こんな記事もみています