アコムの即日振込は口座によって時間が異なる

更新日:2020/04/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットからの申込で即日融資が可能なアコム。

アコムなら、振込キャッシングを依頼することで、スマホ1つで申し込みから契約、借入まで完了します。

ただし、アコムの振込キャッシングは、借りたお金を振込んでもらう口座によって対応時間が異なることを知っていますか?

アコムの即時振込対応時間はご覧の通りです。

楽天銀行口座あて 平日・土日祝日ともに原則24時間振込可
※当日20:30までに契約後、インターネットから振込申請できる場合
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行口座あて 平日は原則24時間振込可
休日20:00まで
※インターネットで契約後、フリーコールから振込申請をできる場合
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 平日17:30まで
土日祝日の即日融資は不可
その他の金融機関口座あて(コアタイム) 平日14:00まで
土日祝日の即日融資は不可

 この記事では、アコムに申込んだその日の内にお金を借りるための方法を紹介します。

インターネット申込なら振込融資が便利

即日融資のイメージ

アコムのカードローンは、対応の早さが魅力です。

審査回答は申し込み完了から最短30分で、即日融資も可能。しかも、契約方法によっては、土日祝日も借入ができます。

そんなアコムの借入には、大きく分けて2つの方法があります。

・アコムATM、提携ATMで借入
・銀行振込で借入

もちろん、店頭窓口でも借入できますが、店舗数が少なく営業時間が短いため今回は省いています。

もし、アコムのカードローンをインターネットで申し込むなら、インターネット契約をして銀行振込で借入するのが便利です。

振込融資は、ネットや電話の手続きだけで入金してもらえるので、わざわざ店舗やATMまで出かける必要がありません。

アコムの振込キャッシングは最短1分

アコムの振込融資はインターネットや電話から24時間365日申込可能。

それぞれの金融機関毎の振込対応時間は以下の通りです。

楽天銀行口座あて

平日・土日祝日ともに原則24時間振込可

※当日20:30までに契約後、インターネットから振込申請できる場合

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行口座あて

平日は原則24時間振込可

休日20:00まで

※インターネットで契約後、フリーコールから振込申請をできる場合

振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 平日17:30まで、休日の即日融資は不可
その他の金融機関口座あて(コアタイム) 平日14:00まで、休日の即日融資は不可

三菱UFJ銀行とゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座を持っている場合、平日の0:10 ~ 23:49(月曜のみ9:00~23:49)までに依頼すれば、受付完了後から最短1分程度で振込実施されます。

また、楽天銀行口座を利用する場合であれば、なんと24時間いつでも受付完了から最短1分で振込が実施されるのです(メンテナンスによりサービスが一時停止されることもあります)。

「明日の朝に家賃が口座から引き落とされる」と前日に気づいて融資が必要になった場合でも、いくつかのポイントに気をつければ十分間に合います!

アコム振込融資のポイント

  • 来店不要で融資が受けられる
  • ネットか電話で24時間振込依頼が可能
  • 楽天銀行口座があれば、平日・土日祝に関わらず原則24時間最短1分で振込
  • 利用手数料が無料
    ※利用する金融機関や振込依頼時間によって振込実施時間が異なります。

アコムなら15時以降でも即日振込可能

アコムの振込融資に申込む方法はこの3つです。

  1. インターネット申込
  2. アコムプッシュホンサービス
  3. 担当者受付の電話申込

ひとつずつ見ていきましょう。

【1】インターネットから振込を申し込む場合

アコムと契約後、会員ページにログインし、【振込によるお借入の申込】メニューから手続きできます。

【2】電話から振込を申し込む場合

電話でも振込融資を申し込めます。

ただし、電話で振込を依頼するには、事前に口座登録手続きが必要です。

振込等に関して質問がある場合は、担当者受付に電話してオペレーターと話しながら手続きするのがおすすめです。

自動音声のアコムプッシュホンサービスと担当者受付の、振込融資受付時間と振込実施時間をまとめました。

アコムプッシュホンサービス

0120-134-567
利用可能時間:0時10分~23時50分
※振込口座の登録も可能。

曜日 受付時間 振込実施時間
平日 0:10~9:00 当日正午ごろ
9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~23:50 翌営業日 正午ごろ
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日 正午ごろ
担当者受付

0120-629-215
利用可能時間9時00分~18時00分
※振込口座の登録も可能。

曜日 受付時間 振込実施時間
平日 9:00~14:00 当日15:00まで
14:00~18:00 翌営業日 正午ごろ
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日 正午ごろ

振込融資は原則24時間受け付けられていますが、メンテナンス等によってサービスが停止される場合があることを覚えておきましょう。

アコム サービス停止時間

毎週月曜日1時00分~5時00分
毎日23時50分~0時10分
※利用する金融機関でのメンテナンス等でもサービスが停止されることがあります。

即日融資を受けるには、振込受付時間内に申し込み~契約手続き、振込依頼を完了させる必要があります。

審査通過することを前提に、カードローン申込を何時までにすればいいか、逆算して考えなくてはいけません。

アコムの審査時間は最短で30分。

申込手続きや書類提出、在籍確認の電話連絡等をふまえて、遅くても当日の振込受付時間が終了する1時間前には申込をスタートしたいところです。

当然、申込時間や混雑、審査状況によって審査が翌日に持ち越される可能性も頭に入れておきましょう。

特に平日夕方、週末は申込者が多いので、平日の午前中に申し込むのが理想です。

楽天銀行口座がある人は20時頃までに申し込もう

楽天銀行口座がある人は24時間振込可能ですが、その前にアコムの営業時間内に契約完了していないと借入はできません。

アコムでは、自動契約機、インターネットとも申し込みが21時を過ぎると当日の審査回答が難しくなってきます。

楽天銀行口座を持つ人が即日振込を受けるには、20時までには申し込むようにしましょう。

このように、アコムで振込融資を受けるなら、楽天銀行口座を利用するのがもっとも便利です。

楽天銀行の口座があれば24時間いつでも申込み~借入までOK

契約さえしておけば、ほぼ24時間融資が受けられるので、他の銀行口座利用の人でも、アコムの利用途中で楽天銀行口座を開設して利用する価値は十分にあります。

振込金融機関の口座変更は、会員ページにログインし「振込金融機関の口座変更」で手続きが行えます。

また、電話、自動契約機、店頭窓口でも口座変更手続きは可能です。

口座変更手続きは急な出費に対応できるよう、あらかじめ行っておくようにしましょう。

自動契約機で契約する方が早い場合も

アコムの振込融資は、利用する金融機関によって即日融資に間に合う時間が大きく異なります。

楽天銀行口座を持つ人なら、土日祝日、夜間でも振込融資が受けられますが、他の金融機関を利用する人には曜日や時間の制限があります。

楽天銀行口座を持っておらず、土日祝日、夜間にお金が必要になった場合は、振込融資を諦めてATMで借入する方法をとりましょう。

自動契約機や店舗窓口で契約手続きをすれば、その場でローンカード発行ができ、アコムATMや提携ATMで夜間も借入できるようになります。

インターネットで事前申し込みを行い、審査通過後に自動契約機で手続きするのがもっともスムーズな契約方法です。

ちなみに、インターネットで契約手続きを行い、ローンカードの受取を郵送にする場合は、到着まで1週間ほどかかります。

自動契約機(むじんくん)で契約後に振込融資を受けることもできますが、自動契約機で契約してすぐ借入したいなら、その場で発行されるローンカードを使って近くのATMで現金を受け取る方が早いでしょう。

振込融資は1万円単位、プライバシー保護も万全

アコムでの振込依頼は利用限度額の範囲内なら1万円単位で申し込めます。

また、取引明細書は、原則指定先に郵送されます。

家族に内緒で借入する場合には、アコムから届く郵送物を家族に見られる恐れがあります。

書面を郵送されたくないのであれば、会員ページの書面の受取方法で「アコムホームページで確認」を選択しておきましょう。

振込名義については「アコム」ではなく「ACサービスセンター」となります。

必要書類が揃わないと契約できない

即日融資を受けるには、当然ながら審査に通過し、契約手続きを終えなくてはいけません。

アコムで契約するには必ず提出しないといけない書類があるので、申し込む前に用意しておきましょう。

アコムの契約に必要な書類は下記の通りです。

【1】本人確認書類

・運転免許証
・運転免許証がない場合は個人番号カードや健康保険証等

顔写真がない書類を提出する場合、書類の住所が現住所と異なる場合は、下記のうち1点提出

・住民票
・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか)
・納税証明書

 

【2】収入証明書類

借入希望額が50万円超もしくは借入希望額と他社の借入残高の合計が100万円超の場合のみ、下記のうち1点提出

・源泉徴収票
・給与明細書(直近1か月分)
※住民税の記載がない場合は直近2か月分
※賞与明細書があれば直近1年分も提出
※給与明細書に本人氏名、発行年月日、勤務先名、月収が明記されていることを確認
※記載内容が手書きの場合は勤務先の社判か社印が必要。
※入社が前年1月以降の場合は原則直近の給与明細書2か月分を提出。
・市印税・県民税額決定通知著(最新年度のもの)
・所得証明書(最新年度のもの)

インターネット契約する場合、必要書類の提出は、インターネットの会員ページかスマホアプリから行えます。

書類を画像に撮って提出できるので、来店の必要がありません。

まとめ

アコムは、“即日の振込融資に強い=対応時間が長い”金融業者です。

ただし、利用する金融機関によって即日振込の受付時間が異なる点に注意が必要です。

楽天銀行口座を持っているなら原則24時間、365日即時振込でお金を借りることができます。

そして、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の口座があるなら、平日は原則24時間、土日祝日は20:00までの振込依頼で即時振込が可能です。

その他、モアタイムに対応した金融機関の口座を持っているなら、平日の17:30までの振込依頼で即時振込をしてくれますよ。

 

このように、即日振込を受けるには、申込、契約、振込融資の依頼すべてを締め切り時間までに行う必要があります。

振込受付時間に間に合うよう、時間に余裕をもって申込・契約を行うことも忘れないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加