オリックス銀行カードローンの保証会社を確認して申し込み

更新日:2020/06/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックス銀行カードローンは、口座開設不要、申し込みから借入までをネットでできる、忙しい人に嬉しいカードローンです。
提携ATMの利用手数料無料という点も、使ってみると便利さを実感するところです。

そんなオリックス銀行カードローンを利用したい人にとっては、「審査に通るかどうか」も申し込みの決め手になるのではないでしょうか?

オリックス銀行カードローンの審査に確実に受かる方法はないものの、「保証会社」に着目すれば審査通過の可能性を探ることは可能です。
もし審査落ちの可能性が高ければ、前もって違うカードローンを検討することができますよね。

今回は、これからオリックス銀行カードローンを申し込む人に向けて
「保証会社はどのようにチェックしたらいいの?」
といった基本的な疑問や
「他社のカードローン審査に落ちたけど、オリックス銀行の借入は無理?」
といった具体的な疑問が解決できる、「保証会社」にまつわる情報を詳しくお教えします。

オリックス銀行カードローンが利用する「保証会社」ってなに?

カードローンは、担保や保証人なしでお金を借りられるのが特徴です。

担保や保証人が不要というのは、借主にとって便利ですが、金融業者は貸し倒れのリスクを抱えることになります。
銀行は、リスク回避のためにカードローンの保証を保証会社に委託しているのです。
(消費者金融は、保証会社を利用せず自社で保証業務を行っているのが特徴。)

保証会社には2つの役割があります。

保証会社の2つの役割

  • 銀行カードローンの審査
  • 債務の立て替え

銀行カードローンを申し込むと、必ず審査が行われます。
このカードローンの審査業務を実質的に行うのが保証会社です。
保証会社の審査に通過した人が、さらに銀行の審査を受け、契約を結ぶのです。

保証会社のイメージ

また、カードローン利用中、返済できない借主に代わって銀行にお金を支払う(代位弁済)のも保証会社の役割です。
代位弁済が行われると、債権譲渡により返済先が銀行から保証会社に変わるので、借主は保証会社に対して返済義務を負うことになります。

メガバンク、ネットバンク、地銀…どんな銀行カードローンでも必ず保証会社を利用しています。

なお、カードローンを申し込むと、自動的に保証会社の審査が始まり、通過すれば保証を受けることになるので、申込者には別途手続きは必要ありません。
ただ、保証会社の利用に関して、書類を確認し承諾する段取りがあります。

オリックス銀行カードローンのサイト上で「個人情報の取扱いに関する規定」「カードローン取引規定」「保証委託約款」の内容に同意してから、申し込み手続きに進むという流れになっています。
書類は個人情報保護法にも関わり、保証会社と銀行で個人データの共同利用をすることがはっきりと書かれています。

保証会社が2社あると審査に通りやすい!?

オリックス銀行カードローンの保証会社は、オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル株式会社の2社です。
オリックス銀行カードローンでは、まずオリックス・クレジットの審査を受け、通過できない場合に新生フィナンシャルの審査を受けることになります。

オリックス銀行カードローン申し込みの同意画面 ※オリックス銀行カードローン公式HPより

それぞれの保証会社で審査基準が異なるため、オリックス・クレジットの審査に落ちても、新生フィナンシャルの審査には通る可能性があります。
保証会社が2社あれば、保証会社が1社しかないカードローンに比べて審査通過の可能性は広がると考えていいいでしょう。

オリックス・クレジットは、銀行カードローンの中でも特に低金利な「りそなプレミアムカードローン(りそな銀行)」の保証会社でも知られています。
オリックス銀行カードローンの審査が、オリックス・クレジット、新生フィナンシャルの順に行われることからも、新生フィナンシャルに比べてオリックス・クレジットの方が審査基準が高いと考えられます。

申し込み前に利用条件をチェックして

オリックス銀行カードローンには、4つの利用条件があります。

  • 満20歳~満69歳未満であること
  • 毎月一定収入があること
  • 日本国内に在住していること
    ※外国籍の方は、永住者また特別永住者の方
  • 保証会社2社のうちいずれかの保証が受けられること

4つの利用条件のうち、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられるかどうかは、実際に申し込んで審査を受けないと何とも言えません。

審査では、申込フォームに記載した内容…年収、勤務先、労働形態、家族構成、住居などをもとに申込者の返済能力、管理能力が判断されます。
同時に、個人情報の第三者提供という形で、個人信用情報機関の申込者情報を利用して、過去・現在の借入状況などもチェックされます

信用情報には、申し込み内容や契約、取引情報、利用残高や延滞といった返済状況など、あらゆる情報が記録されているので、多重債務者であることや、金融事故(延滞、債務整理など)の事実は隠すことができません。
信用情報に問題があれば、審査通過は厳しいでしょう。

保証会社以外の3つの利用条件については、申し込み前にセルフチェックしましょう。

そもそも収入がない人は、カードローンの申し込み条件にあてはまりません。
専業主婦(夫)は、安定した収入があってもオリックス銀行カードローンは利用できないので要注意です。

新生フィナンシャルの審査に落ちたことのある人は他社を検討

これまでに他社のカードローンで新生フィナンシャルの審査に落ちたことがある人は、オリックス銀行カードローンの申し込みに注意が必要です。
たとえば、「東京スター銀行 スターカードローン」も新生フィナンシャルが保証会社になっています。

同じ新生フィナンシャルが保証会社となっていても、銀行が違えば審査条件は全く同じではありませんが、似ている傾向にはあります。
よって、過去に新生フィナンシャルの審査に落ちていれば、オリックス銀行カードローンの新生フィナンシャルの審査にも落ちる可能性が高いのです。

逆に、過去に新生フィナンシャルの審査に通過したことがあるなら、今回も審査通過の可能性はあります。
ただし、他社借入件数や借入額が多い人、金融事故を起こしたことのある人は、審査落ちとなるでしょう。

では、オリックス・クレジットについてはどうでしょうか?

他社カードローンでオリックス・クレジットの審査に落ちた場合は、オリックス銀行の申し込みでオリックス・クレジットの審査に落ちる可能性は高くても、新生フィナンシャルの審査通過の可能性が残っています。
(新生フィナンシャルの審査に落ちる人は、オリックス・クレジットの審査通過はかなり厳しいと考えられます。)

保証会社を気にせずにカードローン審査を受けるには、消費者金融カードローンなどの専業系カードローンを借入先に選ぶことがポイントです。
その理由は、専業系カードローンなら審査から融資まですべて自社で完結してくれるから。
銀行カードローンと違い保証会社を持たない専業系カードローンなら、保証会社を気にせずに審査を受けることができます。

保証会社を持たない専業系カードローンは審査スピードに定評があるため、即日融資を目指す方にもおすすめです。

 

過去に審査を受けた保証会社をチェックして

オリックス・クレジットと新生フィナンシャルでは、オリックス・クレジットの方が審査基準は厳しいと考えられます。
よって、新生フィナンシャルの審査に落ちたことのある人は、オリックス銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。

過去にカードローン審査を受けたことのある人は、保証会社がどこだったかを確認してみてください。

主要銀行カードローンの保証会社
銀行 保証会社
三菱UFJ銀行カードローン アコム
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
りそな銀行プレミアムカードローン オリックス・クレジット
りそな銀行クイックカードローン りそなカード
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
セブン銀行カードローン アコム
イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス
オリックス・クレジット
東京スター銀行 スターカードローン 新生フィナンシャル

新生フィナンシャルは、荘内銀行カードローン(カードローンweb)、筑波銀行カードローン(つくばカードローンIMA☆)など、地方銀行カードローンの保証も多数行っています。
銀行公式サイトでカードローンの商品説明書を見れば「利用条件」「保証人」といった欄に保証会社の名前が記載されているので、確認してみてください。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた場合は?

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた場合、次に申し込むカードローンは「オリックス・クレジット」「新生フィナンシャル」以外が保証会社を務める商品を選んだほうが無難です。
また、オリックス銀行よりも低金利なカードローンは、低金利な分、審査が厳しい傾向にあります。

審査落ちが続けば、融資を受けるのはさらに厳しくなるため、低金利な銀行は避けて、大手消費者金融での新規申し込みがいいでしょう。

消費者金融は、銀行に比べて上限金利が高く利用対象が広く設定されているので、審査通過の可能性も広がります。
特に、プロミスは無利息期間があり、大手消費者金融のなかでもっとも金利が低いので、短期返済が望めるならお得な取引が可能です。

プロミスは最短30分審査のカードローンなので、急ぎで融資を受けたい方でも即日融資が期待できます。

まとめ

オリックス銀行カードローンは、オリックス・クレジット、新生フィナンシャルの2社の保証会社を利用しています。

オリックス・クレジットと新生フィナンシャルでは、オリックス・クレジットの方が審査基準は厳しめ。
よって、過去に新生フィナンシャルの審査に落ちたことのある人は、オリックス銀行カードローンの審査に落ちる可能性が高いです。

新生フィナンシャルが保証会社を担う銀行は東京スター銀行スターカードローンなどがあります。
こうした銀行の審査に落ちたことのある人は、オリックス銀行を避けた方がいいでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた場合は、アコム、プロミスがおすすめです。
アコム、プロミスは金利枠が広い分、審査通過の可能性が広がるだけでなく、無利息期間などお得なサービスが充実しているからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加