オリックス銀行カードローンの審査は電話連絡が必須

更新日:2020/04/21
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックス銀行カードローンの審査は厳しくない?電話連絡は?カードローンを選ぶとき、どんな基準で選びますか?

「消費者金融よりも銀行のカードローンがいい」
「安心感のある大手企業じゃないと嫌!」
「審査時間が短いのはどこ?」
「店舗まで行きたくないから、手続きはWEBで」

そんなあらゆるニーズを叶えてくれるのが、オリックス銀行カードローンです。

オリックス銀行は、テレビCMでもよく見かけますし、何より大手オリックスグループの銀行という安心感があります。

ネット銀行というだけあって、来店不要で家にいながらキャッシングを行える利便性の高さも人気です。

では早速申し込みたいところですが、ひとつ気になることが…

「オリックス銀行カードローンは銀行だから審査が厳しいのでは?」

オリックス銀行カードローンの審査は甘くはありませんが、特別厳しいこともありません。

でも、申し込むなら確実な審査通過を目指したいですよね。

少しでも審査通過の可能性を上げるために。

審査通過の難易度、審査内容、申し込み時に注意したいこと、気になる在籍確認など…

オリックス銀行カードローンの「審査」について、隈なく解説していきます。

オリックス銀行カードローンの審査は厳しくない?

ネットの体験談などで、オリックス銀行カードローンの審査に落ちたという人の特徴を見ると、「過去にカードローンの延滞をした」「他社借入件数が多い」など、理由がはっきりとしています。

しかし、あくまで体験談、ひとつ、ふたつの情報なら参考にするくらいがいいでしょう。

カードローンは、個人情報をもとに審査が行われるため、結果や感じ方に個人差があります。

残念なことに、審査基準はオリックス銀行に限らず、どんな銀行、消費者金融であっても公開されていません。

審査に通るかどうかは、申込をしてみないと何とも言えないのです。

さらに、審査に落ちても落ちた理由を知ることができません。

まさに謎に包まれたカードローン審査ですが、金融業者の公式サイトやネットでの体験談をいくつも集めれば、どの程度審査が厳しいのか、どうすれば審査に落ちにくいのか、といったことは知ることができます。

次の章からは、できるだけ客観的なデータをもとに、オリックス銀行カードローンの審査の難易度を分析します。

体験談にみる通り、オリックス銀行カードローンの審査は決して厳しくないということを解明していきます。

オリックス銀行カードローンの金利の幅は間口の広さ

オリックス銀行カードローンの金利に着目して、審査の厳しさを探ってみましょう。

オリックス銀行カードローンの金利は、年率1.7~17.8%。

2016年12月より最低金利が年率3.0%から年率1.7%に引き下げられています。

金利が下がったということは、利息が少なく済むので利用者にはうれしい限りですよね。

「でも、こんなに低金利なら審査は厳しいのでは?」と気になりますが、そんなことはありません。

なぜなら、オリックス銀行カードローンは、下限金利は業界トップクラスに低いですが、上限金利は業界トップクラスに高いからです。

上限金利が年率17.8%というのは、大手消費者金融のプロミスと同じです。

メガバンクなら上限金利が年率14.0%台というのが主流なので、オリックス銀行カードローンは銀行の中では金利が高めと言えます。

通常、カードローンの審査に通ると、利用者ごとに金利が設定されます。

よほど多くの収入があって利用限度額が多くならない限り、下限金利が設定されることはありません。

利用限度額が100万円未満なら年率17.8%、もしくは年率17.8%に近い金利が設定されると思っていいでしょう。

つまり、オリックス銀行カードローンの下限金利は1.7%と低いものの、ほとんどの利用者には関係のない数字で、着目すべきは上限金利なのです。

では、年率14.0%のカードローン、年率17.8%のカードローン、どちらが審査に通りやすいでしょうか。

単純に考えて、年率17.8%の方が審査に通りやすいと予想できますよね。

低い金利で契約するには、それだけ高い返済能力が必要になってきます。

逆に高い金利なら、返済能力があれば、能力の程度はあまり問われません。

つまり、オリックス銀行カードローンはあらゆる返済能力を持つ人に融資を行っており、ターゲット層が広いということです。

カードローンは、申し込み時に希望の借入額を申告します。

もし借入希望額が返済能力に見合ってなかったとしても、オリックス銀行が少なめの借入限度額で審査に通してくれる場合もあります。
※借入希望額が支払い能力とあまりにかけ離れていると審査落ちとなる可能性があるので注意

少額借入でよければ、オリックス銀行カードローンの審査通過は難しくありません。

保証会社が2つ!審査内容は?

銀行カードローンは、保証人不要であるかわりに保証会社を利用しています。

保証会社の役割は、カードローン申込者の審査。

さらに、借主が返済できなくなった場合に借主にかわって銀行にお金を立て替える役割も担っています。

利用条件に明記されているのですが、オリックス銀行カードローンを契約するには、保証会社の審査に通過しなくてはいけません。

オリックス銀行カードローンには、オリックス・クレジット株式会社、新生フィナンシャル、2社の保証会社があります。

通常、保証会社1社という銀行カードローンが多いなか、オリックス銀行は2社です。

保証会社が1社なら、1社の審査に落ちれば契約は不可。

しかし、保証会社が2社なら、一方の審査に落ちてももう一方の審査に通る可能性があります。

保証会社によって審査基準が異なるため、片方だけ審査通過することもあり得るのです。

また、これまでにオリックス・クレジットまたは新生フィナンシャルが保証会社のカードローン契約をしたことがある人は、オリックス銀行の審査通過が見込めます。

保証会社が同じ銀行ということは、審査基準が似ている傾向にあるからです。

オリックス銀行カードローンは電話での在籍確認が必須

カードローンは、どの金融業者でも在籍確認が必須となっています。

一部、電話以外の方法で在籍確認される金融業者もありますが、基本的にどの金融業者でも電話での在籍確認が行われます。

オリックス銀行カードローンも同じく、必ず電話で在籍確認が行われます。

在籍確認とは?

カードローンの申し込み時に申告した勤務先に、本人が本当に勤めているかを確認することです。

多くの場合、金融業者が勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。

金融業者からの電話に本人が出た時点で在籍確認は完了。

利用者本人が電話に出なくても、

「〇〇は外出しております
「別の電話に出ております」
「休んでおります」

など、会社に在籍しているとわかれば問題ありません。

ネットを見ていると、本来在籍確認が必須とされているカードローンで「電話連絡を避けられた」「書類提出で在籍確認を認めてもらえた」という情報を見かけますが、信ぴょう性に欠けます。

たとえ本当だったとしても、いつの情報かわからず、利用者の状況が特別だったのかもしれないので、自分に置き換えて考えない方がいいでしょう。

オリックス銀行の在籍確認については、公式サイトで“在籍確認の電話がかかってくる”ことが明示されています。

よくある質問(申し込み前)

オリックス銀行カードローン在籍確認FAQ

▼お申込みまでの流れ

Step1(お客さま)お申込みフォームへの入力
Step2(オリックス銀行)受付メールの配信
Step3(オリックス銀行)ローン審査の開始
Step4(オリックス銀行)ご勤務先への在籍確認・本人確認およびお申込内容の確認
Step5(オリックス銀行)ローンカード発行
Step6(お客様)必要書類の提出 最終審査が終わったらカード到着後からカード利用
Step7(お客様)ご利用開始

※オリックス銀行カードローン公式サイトより

「カードローンの利用を周りに知られたくない」と、金融業者からの電話を嫌がる人は多いですが、周りに知られる心配はいりません。

オリックス銀行カードローンの場合、在籍確認の電話は担当者の個人名でかかってきます。

もし、個人名の電話では困るという場合は、事前にカードデスクに電話して相談してみましょう。

「オリックス銀行」名なら名乗ってもらえるかもしれません。

ただし、指定した会社名を名乗ってほしいといった要望には対応してもらえません。

ご契約後のお問い合わせ カードデスク
0120-890-699
9:00~18:00※土日祝および12/31~1/3休

申し込む前に利用条件を確認して

オリックス銀行カードローンに申し込むには、利用条件を満たしている必要があります。

条件を満たしていないのに申し込んでも審査に通るわけがありません。

申込前にチェックしておきましょう。

<利用条件>
・お申込み時の年齢が満20歳以上69歳未満であること
・原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)の方は除く)
・日本国内にご在住であること(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること
※オリックス銀行カードローン「商品説明書」より 

利用条件の通り、専業主婦(主夫)はオリックス銀行カードローンの申し込みができません。

雇用形態によって利用者を制限することはないため、審査で“毎月安定した収入がある”と判断されれば、パート・アルバイト、派遣社員や自営業の方も借入が可能となります。

審査のために本人確認書類・収入証明書類を用意しよう

オリックス銀行カードローンの申し込みでは、本人確認書類の提出が必須です。

申込完了後、「審査通過」と連絡が来ても、その後の本人確認書類の提出ができないと、契約はできません。

また、申し込み内容と本人確認書類の情報が一致せずに契約できないケースもあります。

氏名や住所が最新の状態で本人確認書類を提出するようにしましょう。

収入証明書については、借入額が50万円超の場合に提出が求められます。

申し込み時の用意する書類

1.本人確認書類の写し

・運転免許証または運転経歴証明書
・各種健康保険証
・個人番号カード
・日本政府発行のパスポート
・在留カードまたは特別永住者証明書

2.収入証明書類の写し

原則、利用限度額が50万円超の場合に、収入証明書類の提出が必要。

審査の結果、利用限度額が50万円以下の場合でも収入証明書類の提出を求められることがあります。

お勤めの方 源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書(その2)確定申告書(付表含む)
個人事業主・会社経営の方 住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書(その2)、確定申告(付表含む)

審査でチェックされるポイントを知っておこう

前章でもふれた通り、カードローンはどの会社の場合も審査内容や審査基準を明かしていません。

しかしながら、金融業者がチェックできる情報は、「申込時の申告情報」と「信用情報」の2つだけです。

審査クリアの基準はわからなくても、2つの条件が良いほど返済能力が高いと判断され、審査に通りやすいと言って間違いないでしょう。

では、オリックス銀行カードローンの申し込みでは、どんなことが問われるのでしょうか。

申込フォームの中から、審査に影響があると考えられるものをざっとまとめました。

審査において自分にマイナス情報がないか、事前のセルフチェックに役立ててください。

<申込フォームのうち、審査に影響すると思われる項目>

1.申込者について

・家族構成
・子どもの人数
・電話(固定電話・携帯電話)
・現在の居住形態(自己所有、家族所有、社宅官舎・寮、公営住宅、貸家・アパート、賃貸マンション、その他)
・家賃・住宅ローン返済の有無
「有」の場合は月々の返済額、ボーナス時加算額

2.勤務先について

・勤務先
・資本金
・業種
・勤務先種類(上場、非上場、公務員、個人企業、無職、不明)
・勤務先従業員数
・勤続年数
・職業
・収入形態(固定給、歩合給、年金、利殖、事業、不動産、無し)
・役職
・職種
・税込み年収
・出向の有無

3.申込内容について

・希望の利用限度額
・利用の目的
・利用中のローン返済の有無(住宅ローン・オートローンは除く)
「有」の場合は件数と金額

オリックス銀行は、他社のカードローンに比べると申込フォームの項目が多いと言えます。

審査基準は厳しくないとは言え、多くのデータをもとに収入の安定性、返済能力の有無を判断しているのです。

申込が完了したら、いよいよ審査が始まります。

晴れて審査通過の連絡が来ても、それは仮審査に過ぎず、油断はできません。

審査通過の連絡後に、本人確認書類の提出と在籍確認が待っているからです。

もし、申込内容と本人確認書類に差異があれば、再確認、もしくは審査落ちの可能性があります。

在籍確認ができない場合も審査通過は不可です。

本人確認、在籍確認が終わって初めて本審査通過となるのです。

さらに、信用情報もチェックも忘れてはなりません。

収入や勤務先など、申込者がどんなに安定していても、信用情報にマイナス情報があれば審査を通ることはできません。

金融事故は、信用情報に発生から5年間登録されますので、身に覚えのある人は、5年経過後に申し込む方が賢明です。

<信用情報って何?>
信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの申し込み・契約・取引履歴などの個人信用情報のことです。
クレジットカードやローンを利用すると、第三者機関である信用情報機関に利用実績が記録される仕組みになっています。
信用情報には、延滞、債務整理や破産といった事故情報も記録されており、金融業者は、審査において申込者の信用情報を調査し、返済能力に問題がないかをチェックします。
申込者の年収がいくら多くても、信用情報に問題があれば審査に落ちてしまいます。

融資までは余裕をみて

オリックス銀行カードローンの審査は数日かかってしまうため、余裕を持った申込みが必要です。

また、オリックス銀行は土日・祝日は審査を行っていないため、土日・祝日をはさむなら、さらに日数を要する可能性が高いので、その点も注意ください。

もうひとつ注意が必要なのは、融資までの時間です。

オリックス銀行カードローンを利用できるのは、手元にローンカードが届いてからです。

ローンカードは自宅へ郵送されるため、申し込みから到着までには数日かかると思いましょう。

即時振込サービスがあると聞くと「即日融資可能なのかな」と勘違いしそうですが、初回利用はローンカードが手元に届いてから。

オリックス銀行カードローンは、申し込みから融資を受けるまでに、時間の余裕が必要です。

審査落ちを防ぐために気をつけたいこと

申込情報や信用情報は簡単に変えることができません。

でも、審査落ちを防ぐためにできることはあります。

少し注意するだけで審査落ちを防げることもあるので、ぜひ試してみてください。

1.借入希望額は低めに申告する

借入希望額は多いほど審査のハードルが上がってしまいます。

オリックス銀行側が希望額よりも低めに限度額を設定して審査に通してくれることはあります。

しかし、希望額と支払い能力がかけ離れていると、管理能力がないとみなされ、審査に落ちてしまうかもしれません。

借入希望額は、必要最低限にとどめましょう。

2.収入証明書を用意しておくと安心

オリックス銀行カードローンの場合、原則、利用限度額が50万円超の場合に収入証明書の提出が必要です。

しかし、審査状況によって限度額50万円以下でも収入証明書の提出を求められる場合があります。

収入証明書は収入をアピールする大事な材料ですので、いつ求められてもいいようにあらかじめ用意しておくと安心です。

3.他社借入は完済しておく方がいい

カードローンの申し込み時、他社利用が3件以上あると審査通過は難しくなってきます。

他社カードローンの借入金額が大きいというのも審査落ちの原因になり得ます。

審査に通りたいからと言って他社借入件数を偽ったとしても、信用情報をチェックされた時点でバレるので、虚偽は絶対にやめましょう。

銀行から信用を得られなければ、審査内容に関係なく契約はできません。

確実に審査に通過したいのであれば、他社借入をなるべく返済し、件数を減らしてから新規申込をするようにしましょう。

4.申込フォームの入力は正確に

意外と多いのが、申込フォームの入力ミスです。

勤務先の電話番号を間違ってしまったせいで、在籍確認が行えない。

急いでいたら、年収が実際と違う金額で入力してしまっていた…など。

申込情報の再確認が必要となれば、余計な時間がかかってしまいます。

また、本当は入力ミスでも、銀行の担当者からはミスか虚偽なのか判断できません。

最悪の場合、信用を失って審査落ちとなりかねません。

単純なことですが、申込を完了する前に、必ず入力内容の確認を行ってください。

よくある質問(申し込み前)
オリックス銀行カードローン情報訂正FAQ

 

まとめ

オリックス銀行カードローンの審査は、銀行のなかでは決して厳しくありません。

一般的に、カードローンは金利が低いほど審査は厳しくなる傾向にあります。

金利が低ければ、金融機関の利幅が少なく、貸し倒れ時の損失も大きいため、金融機関のリスクが高くなるからです。

オリックス銀行カードローンは金利が消費者金融並みに高いため、“安定した収入”さえあれば、収入の額に自信がなくても審査通過の可能性は高いと言えます。

また、保証会社が2社あるので、保証会社1社の銀行に比べると審査通過率が高いと言えるでしょう。

「銀行でお金を借りたいけど…銀行は審査が厳しそうだし、収入が少なくて借りられるか心配」という人は、オリックス銀行カードローンがおすすめです。

ただし、申し込むには最低限「利用条件」をクリアしなくてはいけません。

利用条件はオリックス銀行カードローンの公式サイトに掲載されているので、申し込み前に確認しておきましょう。

申込情報、信用情報による審査が終わったら、次は在籍確認です。

オリックス銀行の在籍確認は、必ず電話で行われます。

在籍確認が完了すれば、いよいよ契約。

審査結果が出るまでドキドキしますが、毎月安定した収入がある、他社借入がない、過去に延滞をしたことがない人なら、オリックス銀行カードローンの審査に通る可能性はかなり高いと思っていいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加