レイクALSA(レイクアルサ)の提携ATMの営業時間は?硬貨対応の専用ATMなら一括返済も可

更新日:2020/09/14
このエントリーをはてなブックマークに追加

新生フィナンシャルのレイクALSA(レイクアルサ)は、初回利用者に対する様々な特典があることで人気のカードローン。
そんなレイクALSAとの取引に欠かせないのが提携ATMの存在です。

レイクALSAの借入・返済には複数の方法がありますが、“時間を気にせず、気軽に現金が手に入ります。

ただ、「提携ATMが近くにない」「忙しくて提携ATMまで行く時間がない」「返済日を忘れてしまわないか心配」という人は、振込キャッシングやWeb返済、自動引き落としなど、提携ATM以外の取引方法が向いていることもあります。

まずは、自分には提携ATMでの取引が合っているのか、知ることから始めましょう。

提携ATMを使うメリット、営業時間や設置場所、基本的な使い方まで、提携ATMにまつわる全ての情報をまとめました。

すでに提携ATMを利用していて疑問がある人も、ネットであちこち調べなくても、知りたい情報がまとめて手に入ります。

レイクALSAの取引はATMが簡単&便利

レイクALSAで借入や返済を行うには、複数の方法があるのをご存知でしょうか。

借入

・振込キャッシング
 ※年末年始、一部銀行を除き、24時間365日
・新生銀行カードローンATM

・提携ATM 

返済

・Web返済
・新生銀行カードローンATM
・提携ATM
・自動引き落とし
・銀行振込 

なかでも、「新生銀行カードローンATM」は深夜早朝以外、「提携ATM」は月曜日以外ほぼ24時間営業、すぐ現金を手にできるので、年齢層問わずレイクALSA契約者の多くが利用しています。

そして、提携ATMは借入・返済両方にも対応していること、契約してカードを持っていれば事前の登録手続きなどが不要なことから、もっとも簡単でわかりやすい取引方法とも言えます。

提携ATMでお得にキャッシング

キャッシングするなら、少しでも支払額を減らしてお得に利用したいですよね。

レイクALSAなら、新生銀行カードローンATM利用手数料0円というお得ポイントがあります。

繰上返済することで、利息総額を減らすことも可能です。

提携ATM利用手数料は金額により異なる

レイクALSAの提携ATM利用手数料は、利用金額によって異なります。

他社のカードローンの提携ATM利用手数料と比較してみましょう。

 金融機関/サービス名 自社ATM 提携ATM
レイクALSA 0円
※新生銀行カードローンATM
1万円以下:110円
1万円超:220円
三菱UFJ銀行カードローン 0円 0円
みずほ銀行カードローン 0円 0円
オリックス銀行カードローン 0円 0円
アコム 0円 110円/220円※
プロミス 0円 110円/220円※
三井住友銀行提携ATMは0円

※取引金額が1万円以下は110円、1万円超が220円

利息を賢く節約しよう!繰上返済にはATMが便利

レイクALSAの返済方法は、「残高スライドリボルビング方式」「元利定額リボルビング方式」の2種類です。

残高スライドリボルビング方式は、借入や返済の都度、借入残高によって最少返済額(約定返済額とも)が決められます

一方、元利定額リボルビング方式は、借入残高に関係なく、最初に借入限度額によって最少返済額が決められます。

残高スライドリボルビング方式の場合、借入残高が減るほど返済額も少なくなるので、返済が進めば月々の負担が軽くなっていきます。

しかし、返済額が少なればその分返済期間が長引き、利息総額が増えてしまうというデメリットがあります。

残高スライドリボルビング方式のデメリットを解消するには、繰上返済が有効です。

最少返済額より多めに返したり、追加の返済をすることで、返済ペースを早め、利息を減らすことができるのです。

元利定額リボルビング方式の場合でも同様に、毎月多めに支払い早期返済できれば、利息が節約できます。

ただし、多く支払って生活費を圧迫したり、翌月の返済が厳しくなるようでは元も子もありません。

あくまでも、無理のない返済を心がけましょう。

そして、繰上返済をするならATMの利用がおすすめです。

レイクALSAのローンカードがあれば、特別な手続き不要で、提携ATMでいつでも繰上返済ができるからです。

繰上返済は「Web返済」「銀行振込」でも可能ですが、それぞれのデメリットを踏まえて、自分に合った方法を選択してみてください。

Web返済

・登録金融機関でインターネットバンキングの利用が必要
・インターネットを使ってレイクの会員ページから手続きが必要

銀行振込

・金融機関所定の振込手数料がかかる

実際、自分がどれだけの利息を払っているのか、状況を把握できていない人は多いものです。

レイクALSAのホームページには「返済シミュレーション」がありますので、自分の利用状況を一度確認してみるといいでしょう。

レイクALSAが各提携ATMでできる事と違い

レイクALSAの新生銀行カードローンATMは、手数料無料というのが大きなメリットです。

提携ATMと比較してみました。

新生銀行カードローンATMはレシートで利用状況をチェックできる

提携先の新生銀行 レイクATMで取引すると、借入内容の詳細を記載したレシート(利用明細書)がその場で発行されます。

レシートには、利用残高や借入可能額、次回返済日などが記載されているので、提携ATMを利用する度に利用状況を見直すことができます。

新生銀行カードローンATMは暗証番号の変更が可能

暗証番号の変更は、提携先の新生銀行 レイクATMもしくは、レイクの会員ページで行うことができます。

新生銀行カードローンATMは1万円札の両替が可能

借入時、1万円札を千円札10枚で受け取ることができます。

2万円以上利用の場合は、どうなるのか気になったのでレイクALSAのコールセンターに問い合わせしますと、1万円分のみ千円札10枚で受け取ることが可能とのことでした。

新生銀行カードローンATMならカードを忘れても返済可能

ローンカードを忘れてしまっても、3つの情報があれば新生銀行カードローンATMで返済ができます。

・登録した自宅(携帯)の電話番号
・生年月日
・カード暗証番号 

新生銀行カードローンATMは硬貨のお釣りに対応

新生銀行カードローンATMは硬貨のお釣りに対応しているので、一括で返済する際にも便利です。

提携ATMはほぼ24時間利用可能

新生銀行カードローンATMは深夜・早朝は営業時間外となりますが、コンビニにある提携ATMならほぼ24時間利用可能です。

詳しくは次章「ATMの営業時間」で説明します。

新生銀行カードローンATMは深夜早朝以外、提携ATMはほぼ24時間利用可能!

提携ATMは何といっても土日祝日も利用可能、営業時間の長さが魅力です。

新生銀行カードローンATM、提携ATMはそれぞれ営業時間が異なることを覚えておくと、状況に応じた使い分けができて便利です。

新生銀行カードローンATM

提携先の新生銀行 レイクATMは深夜・早朝は利用することができません。

新生銀行カードローンATMの利用時間

曜日 営業時間
平日 7:30~24:00
土曜日 7:30~24:00
日曜日・祝日 7:30~22:00
毎月第3日曜日 7:30~20:00

※一部店舗によって異なります。

新生銀行カードローンATMはほとんどの場合、自動契約コーナーに併設されています。

自動契約機と新生銀行カードローンATMは営業開始時間に差があるため、一度に両方を利用したい場合は9:00以降に行きましょう。

自動契約機の営業時間

曜日 営業時間
平日・土曜日・祝日 9:00~22:00
日曜日 9:00~19:00

※一部店舗によって異なります。
※年末年始を除きます。

提携ATM               

提携ATMは、月曜日以外はほぼ24時間取引可能です。

利用時間

曜日 営業時間
月曜日 5:00~23:50
火・水曜日 0:10~23:50
木曜日 1:30~23:50
金・土・日曜日 0:10~23:50

※第3日曜日は、利用時間が0:10~20:00となります。
※ファミリーマートに設置されているゆうちょATMは、第3月曜日は、利用時間が7:00からとなります。

新生銀行カードローンATM、提携ATMともに、メンテナンスによる休止時間、設置施設・店舗などの営業時間により利用できない場合があります。

詳しくは各社ホームページ、店舗情報等をご覧ください。

提携ATMの設置場所は無人店舗かコンビニ

新生銀行カードローンATMは無人店舗内に設置されており、レイクALSAホームページの「店舗検索」で検索可能です。      

ほとんどの場合、自動契約機に新生銀行カードローンATMが設置されているので、自動契約機で契約してカードを受け取れば、ATMですぐ借入することが可能です。

なかには自動契約機のみ設置の店舗があったり、駐車場の有無も場所によって異なるので、最寄りの店舗状況を事前に確認しておきましょう。

 

全国で使えるコンビニの提携ATM

提携ATMは、全国のコンビニなどに設置されています。

主な提携先は以下の通りです。

<コンビニ>
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net

▼イーネットの設置店
ファミリーマート、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、セーブオン、その他イーネットのATM端末が設置されているスーパーなど

<銀行>
・セブン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM

▼イオン銀行ATMの設置店
イオン、イオンモール、マックスバリュ、マルエツ、いなげや、ダイエーなど、その他イオン銀行のATM端末が設置されている店舗

ゆうちょ銀行 

ゆうちょ銀行は以下の通り利用時間が異なります。

ゆうちょ銀行 利用時間(ファミリーマート設置のゆうちょATMを除く)

曜日 借入/利用照会 返済
月曜日 7:00~23:50 7:00~21:00
火・水曜日 0:10~23:50 7:00~21:00
木曜日 1:30~23:50 7:00~21:00
金曜日 0:10~23:50 7:00~21:00
土曜日 0:10~23:50 9:00~21:00
日曜日・祝日 0:10~23:50 9:00~21:00

※祝日の翌日は利用時間が7:00からとなります。
※第3日曜日は利用時間が0:00~20:00となります。
※一部ファミリーマートに設置されているゆうちょATMは、前章の提携ATMの利用時間に準じます。

提携ATM利用にはカードが必須!操作は初めてでも簡単

提携ATMでの取引にはレイクALSAで発行されるローンカードが必要です。
※新生銀行カードローンATMならカードなしでも返済可能

新生銀行カードローンATM、提携ATMいずれの場合も、ローンカードを挿入し、案内に従って順に操作していきます。

 

カードレス契約をしている人は、銀行口座に直接借入金が入る振込融資やWeb返済、口座引落での返済を行うことになります。

日常的に使っている銀行口座に振込してもらえるのでキャッシュカードでの出金もできますが、結局は金融機関に立ち寄らなくてはなりません。

ローンカードを持つのを嫌がる人もいますが、自動契約機を利用すればその場でカード発行が可能です。
ローンカードを活用したキャッシングであれば、会員ページや電話での振込依頼の工程を飛ばすことができるので借入までスムーズに行うことができるので、カード発行も検討してみてください。

メンテナンス情報はこまめにチェックして

新生銀行カードローンATM、提携ATMともに、臨時メンテナンス等で利用できない場合があります。

レイクALSAホームページの「店舗・メンテナンス情報」では、店舗の開店や閉店、システムメンテナンスなどのお知らせがアップされています。

利用する前にメンテナンス情報をチェックしておけば、急に「使えない!」と焦ることもなくなります。

まとめ

主にレイクALSAが使えるのは新生銀行カードローンATMとコンビニの提携ATMがあります。

提携ATMを使う大きなメリットは、

・営業時間が長い
・コンビニにもあるので気軽に行ける
・現金がすぐ手に入る 

ということです。

気軽にいつでも借入・返済できるので、

「急に休みができたから今から旅行に行きたい」
「明日がレイクALSAの返済期日だった!もう夜中だけど間に合うかな。」

というときでも、十分対応が可能です。

そして、提携ATMは手続きや操作が簡単というのも嬉しいポイントです。

インターネットを利用した取引は確かに便利ですが、振込キャッシングは手続き時間が限られていたり、WEB返済はインターネットバンキングの登録が必要だったりと、それぞれ事前準備が必要です。

その点、提携ATMならいつでも思い立った時にローンカードを持って提携ATMへ行けば、現金が手に入ります。

また提携ATMで是非実施したいのが、繰上返済です。

カードローンの利用者の中には、利息を払うばかりでなかなか元本が減らない…と困っている人は多いと思います。

臨時収入のあった月は返済額を増やしたり、追加で返済したりすることで、返済期間が短くなり、利息総額を減らすことができるのです。

レイクALSAならいつでも近くの提携ATMで繰上返済ができて便利というわけです。

ただし、提携ATMがメンテナンス中だと取引ができませんので、こまめにメンテナンス情報をチェックするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加