SMBCモビットの審査時間を短くする方法

更新日:2020/09/16
このエントリーをはてなブックマークに追加

SMBCモビットは公式サイトで最短30分審査回答を明記しており、申込から借入までスピーディーに行えるカードローンです。

「えー!本当に30分で借りられるの?」
当然、そう思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、マネドリ編集部はインターネットをつかって、SMBCモビットの審査時間に関する口コミを調査。※107件の口コミを調査し、具体的な審査時間が書かれた口コミを41件抽出。
するとSMBCモビットでは、70%の人が1時間以内に審査完了していることがわかりました。

SMBCモビット審査時間 30分~1時間 1時間~2時間 2時間以上
口コミ件数(%) 29件(70.7%) 2件(4.9%) 10件(24.3%)

これからSMBCモビットに申込もうと考えている方は、自分ならどれくらいの時間で審査が終わるのか気になりませんか?

そんな疑問に答えるべく、この記事ではSMBCモビットの審査時間について解説します。

SMBCモビットの審査時間を短くする方法「審査回答が遅い…」と感じたときの対処法もお伝えするので、最後までお見逃しなく!

この記事の監修
高山てつや 氏
ライターとしてプラスワンにアルバイト勤務しながらフリーライターとしても活動中。
前職は楽器専門店での接客と音楽教室の受付、ウクレレとギターの講師。
自分の現在の属性(低年収、低居住年数、低勤続年数)でもカードローンの審査に通るのか試してみました!
体当たりな取材でみなさんのカードローンに対する不安や悩みを解決します!

申込から利用までの最速ルートが公式サイトで公開されている

SMBCモビットの審査時間を短くしたいのであれば、まずは公式サイトで推奨されている最短申込ルートを確認しましょう。

SMBCモビット公式サイトに書かれている申込から借入までの最速ルート

上の画像の通り、SMBCモビットの公式サイトでは、審査を最速で終わらせるためのルートを紹介しています。

SMBCモビットに借入の申込をした後、コールセンターに電話すればすぐに審査を始めてくれるとのこと。

公式で推奨されていなければ気付かないですよね。

申し込み後に電話をする場合は、以下の電話番号にかけてください。

すでに申込完了した急ぎの利用者専用フリーコール
0120-03-5000(受付9:00~21:00)

ちなみに申込情報の反映には5~10分かかるため、フリーコールへの電話連絡は申込完了後10分ほど待ってからされるとよいでしょう。

このように、SMBCモビットの審査は最短30分で回答が得られるうえに、最速ルートの案内まであるので、比較的即日融資が受けやすいローンと言えます。

では、公式の方法に加えてさらに審査時間を短くする方法はないのでしょうか。

審査時間を短くするためにできること

少しの心がけで審査時間短縮の可能性は上がります。

スムーズな借入のために、以下の5点に注意してSMBCモビットに申し込みましょう。

  1. 申込時間は早めに
  2. 限度額は必要最低限で申し込む
  3. 情報入力は正確に
  4. 申込書類の用意はぬかりなく
  5. 電話はすぐ出る

では、それぞれ詳しく解説していきます。

申込時間は早めに

SMBCモビットの審査対応時間は9:00~21:00です。

当日中に審査結果を知りたいのであれば、審査に1~2時間かかるとして、余裕をもって19:00までには申し込んでおきましょう

当日に借り入れたい場合、振込融資はモアタイムシステム対応の全国200の銀行で、原則24時間365日即時振込に対応しています。

しかしモアタイイム非対応の銀行への振込は、平日14:50までに手続きが必要です。

三井住友銀行のローン契約機でローンカードを発行する場合は、契約機の営業時間内(場所によって異なるが9時~18時まで)にカード発行が必要となるため、逆算して間に合うように申し込む必要があります

混雑によって審査が翌日にまわることもありますので、可能であれば前日からネット申込しておくなど、なるべく早めに行動しましょう。

限度額は必要最低限で申し込む

金融機関もできるなら多くのお金を借りて欲しいと思っています。

しかしたくさんお金を貸すほど、もしお金を返してもらえなかったときのリスクが高まるため、審査が慎重に行われます。

審査のハードルを下げるためにも、なるべく少ない限度額を希望しましょう。

情報入力は正確に

情報に不備があれば、確認作業で時間をロスします。

加えて、年収を偽って多めに書いていた場合など、悪質な虚偽申請だと審査担当者に判断された場合は、審査に落ちるだけでなく自分の信用情報に悪影響を及ぼす場合もあります。

カードローンに申し込む際には、急いでいてもしっかり見直しながら、正確な情報の入力を心掛けましょう。

申込書類の用意はぬかりなく

必要書類は事前に用意しておきましょう。

特にWEB完結申込は通常のカードローンよりも提出書類が多く準備に手間がかかります。

スムーズに手続きを進めたいのであれば、必要書類を事前に用意しておくことが重要です。

SMBCモビットに申し込むために必要な書類は以下の通りです。

必要書類 認められる書類の例
本人確認書類

運転免許証

パスポート

健康保険証

収入証明書類

源泉徴収票の写し(最新のもの)

税額通知書の写し(最新のもの)

所得証明書の写し(最新のもの)

確定申告書の写し(最新のもの)

給与明細書の写し(直近2ヶ月分)

電話はすぐ出る

申込確認や在籍確認、書類の不備確認など、様々な理由でSMBCモビットから電話がかかってくる可能性があります。

SMBCモビットから、申し込み後に電話がかかってきた場合は、すぐに出て担当者の指示に従いましょう。

また、電話に出られなくてもかけ直せば大丈夫です。 

公式サイトでSMBCモビットの詳細をチェック
最短30分で審査回答!

続いて、SMBCモビットで審査時間が短い人の特徴を見ていきましょう。

審査時間が短い人の特徴

カードローンの審査時間には個人差があり、30分で結果が出る場合もあれば、1時間よりもっとかかる場合もあります

また、カードローン申込の混雑状況によって、審査時間が左右されることもあります。

審査に時間がかかるのは、審査通過の微妙なラインにいるときがほとんど。
もし2~3時間待っても結果が出ないときは、信用情報などに何らかの問題があり審査が難航しているか、不具合により申し込みが反映されていないケースが考えられます。 

一方、申込者の情報から返済能力が高いとわかれば、審査はスムーズに進み、30分~1時間ほどで結果が出ます。

では、審査時間が短い人には、いったいどんな特徴があるのでしょうか?

審査通過連絡が早い人の5つの共通点

審査通過の連絡が早く来る人の多くには、以下5つの共通点があります。

  1. 信用情報に問題がない
  2. 他社借入がない
  3. 収入が安定している
  4. 申込時の入力に不備がない
  5. 在籍確認がすぐ完了した

なかでも「信用情報に問題がないこと」と「他社借入がないこと」は審査に大きく影響します。

信用情報に傷がないなら審査時間は短い

信用情報とは、これまでのカードローンやクレジットカードの利用履歴のこと。

カードローンやクレジットカードの申込日時や取引金額、返済状況といったあらゆる利用履歴は個人信用情報機関に記録されています。

カードローン審査の際には金融機関がこれらの情報を参照し、あなたの信用力を見極めるのです。

この信用情報のチェックは、申込者の返済能力をはかるうえで重要な要素となるため、審査時間が長引く場合、過去の取引において何かしらのマイナス要因があって慎重に審査を進められている可能性があります。

個人信用情報機関は信用情報を保管している

信用情報に長期延滞や強制解約、代位弁済や債務整理といった金融事故(事故情報、異動情報とも)が含まれると、それだけで審査に落ちる可能性が高いと言えます。

一方で、安定した収入があり、これまでにカードローンやクレジットカードの延滞をしたことがなく、他社借入が0件であれば、SMBCモビットから審査通過の連絡がスグ来ることがほとんどです。

他社からの借入がない方、初めてカードローンを借りる方は、安心してSMBCモビットに申込んでください。

公式サイトでSMBCモビットの詳細をチェック
最短30分で審査回答!

では、反対にSMBCモビットで審査時間が長引く原因はなんでしょうか。

SMBCモビットの審査を長引かせる4つの原因

先に紹介した審査時間が短くなる人の特徴を満たしていない場合は、審査に時間がかかる又は通過できない可能性が高いです。

以下4つの項目に自分が当てはまっていないか、改めて確認しておきましょう。

  1. 信用情報に問題がある
  2. 多重債務者である
  3. 希望額が総量規制の対象
  4. 申込情報に不備がある

順番に説明していきます。

信用情報に問題がある

先に解説したように、過去に金融事故を起こしたり返済の延滞をしたりしている人は、審査に時間がかかる上に審査落ちの可能性も高いです。

他社借入が多い人は注意

他社借り入れ件数が多い人は、「お金の管理ができない人」「これ以上の貸付は返済の見込みがない人」などネガティブな印象を与えるので審査落ちになる可能性が高いです。

借金を借金で返済する状況に陥っている人を、多重債務者と言います。

多重債務状態に陥っているなら、金利の高いSMBCモビットに申し込むよりも、低金利なおまとめローンや借り換えローンを活用されることをおすすめします。

コチラもチェック

多重債務状態に陥りそうな人は、早めにおまとめローンを活用することをおすすめします!
おすすめのおまとめローンは、以下のページで紹介していますので、是非活用してください。
カードローンのおまとめ先を比較!借入先を一本化して返済に余裕を持とう

希望額が総量規制の対象

年収にくらべて希望額が多すぎる場合も、SMBCモビットの審査にかかる時間を延ばす原因となります

お金を貸す側が守らなければならない法律に、利用者の年収1/3以上のお金を貸してはいけないというルールがあるからです。 このルールを総量規制と言います。

もし希望額が総量規制を超えていたり、総量規制の範囲ギリギリだったりすれば審査が長期化するかもしれません。

審査回答を急ぐなら希望額はできるだけ低めにして申し込むようにしましょう。

総量規制の解説

加えて、審査時間を長引かせる理由のひとつに、「申込情報の不備」があります。

申込情報に不備がある

入力内容に疑わしい点があったり、本人確認書類や収入証明書と差異があったりすると、SMBCモビットは事実確認を行わなくてはならず時間を要することになります。
不備が見つかればSMBCモビットから電話連絡が入ることもあるので、SMBCモビットからの電話にはすぐに対応しましょう。

もし申し込み内容に嘘が見つかれば、残念ながら審査通過は難しくなります。
申込情報は事実に基づいて正確に入力することを心掛けてください。

審査回答が遅すぎる場合はエラーの可能性も

SMBCモビットにWEB申し込んで、10秒簡易審査があるのに審査結果の連絡がなかなか来ない場合、エラーなどで手続きが完了できていない可能性もあります。

もともと最短30分のスピード審査のSMBCモビットなので、目安として2時間以上経っても審査結果が届かない場合は、結果受信にエラーが出ていないか再度確認するようにしましょう。 加えて、エラーや信用情報や申告内容に問題がなかったとしても、他の申込者の混み具合によっても審査時間が左右されることも考えられます。 遅いなと思ったら、フリーコールに電話して状況を確認してみてください。

待てないからと他社で申し込むのはNG

審査が遅いからと言って結果を待たずに他社へ申し込むのはおすすめできません。

なぜなら申込履歴や借入件数はすべて信用情報に残ってしまうからです。

申し込み件数が多いと、お金に困っている人ととらえられ、以降のカードローンやクレジットカードの申し込みの審査に悪影響を及ぼします。

続いて、WEB完結申込について解説していきます。

ネットからの申込で審査時間をさらに短縮!

SMBCモビットの申込方法には、インターネット、電話、三井住友銀行のローン契約機、郵便があります。

この中で、もっともスピーディーな申込方法は、インターネット申込です。

ネット申し込みならパソコンやスマートフォン、携帯があればいつでもどこでも申し込み可能だからです。

三井住友銀行のローン契約機で申し込む場合、その場で申込からカード発行までを行える便利さがあります。

しかし、全国約1,000台近く自動契約機があるプロミスアコムに比べると三井住友銀行のローン契約機の設置数は少ないため、誰もが身近で利用できるというわけではありません。

さらに、足を運んだものの先客がいて、外で待ちぼうけを食らうということもあります。

なので、急ぎで借入が必要なら周りの状況に左右されない、ネット経由の申込がおすすめです。

SMBCモビットへのネット経由での申込方法は、ローンカードを発行するタイプの『カード申込』と『WEB完結申込』の2種類があります。

そして、このうち『WEB完結申込』を使えばさらに手続き時間を短縮できます。

カード申込とWEB完結申込、それぞれどんな申込方法なのか確認しておきましょう。

カード申込

カード申込では、申し込み完了後に在籍確認の電話連絡を含む審査があり、最短30分で審査結果が出ます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

借入までスムーズに行うなら、インターネットから申し込んでおいて、審査通過の連絡を受けてから、都合のいいときに三井住友銀行のローン契約機でカード発行するのがベストです。

しかし、近くに三井住友銀行のローン契約機がない方は郵送でローンカードが送られてくることになります。

その場合、ローンカードが自宅に届くのは最速でも翌日以降となってしまいますので注意しましょう。

WEB完結申込

SMBCモビットのWEB完結申込は、審査時間がもっとも短い申込方法と言えます。
なぜなら、SMBCモビットのWEB完結申込は、申込から借入までの全てをWEB上で完結できるからです。

さらに、SMBCモビットのWEB完結申込なら、面倒な勤務先への電話連絡なしで書類による在籍確認が可能。

ローンカードが送られてくるのを待つ必要もありません。

スマホやパソコンだけで契約までOK WEB完結

「それならWEB完結申込一択でしょ!!」

と誰もが思いますよね。

しかし、SMBCモビットのWEB完結は、すべての人が申し込めるわけではないのです。

WEB完結申込には利用するための条件がある

条件を提示するりん先生

SMBCモビットのWEB感ける申込を利用するためには、クリアしなければならない条件がいくつかあります。

それに加え、通常のカード申込よりも提出書類が多いというデメリットも知っておいてください。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用するための条件と提出書類は以下の通りです。

<WEB完結の利用条件>

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの普通預金口座を持っている

全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

 

<WEB完結の提出書類>

本人確認書類として、運転免許証、パスポートのいずれかの写し

収入証明書類として、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2か月分、用意できる場合は直近1年分の賞与明細書も)のいずれかの写し

勤め先確認書類として、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証の写し、給与明細書直近1か月分(収入証明書類として給与明細書以外を提出する人は必須)

通常のネット申し込みに比べると、申込から融資までに踏む手順が少ないWEB完結は、SMBCモビットでもっとも早く融資を受けられる申込方法です。

提出書類は多いですが、事前に用意しておけば、融資まで待ち時間のストレスなく過ごすことができますよ。

公式サイトでWEB完結の詳細を見る
勤務先への電話連絡ナシで審査OK!

コチラもチェック

SMBCモビットのWEB完結の利用条件に当てはまらない方には、大手消費者金融アコムがおすすめ!
アコムでも同じようにWEBから申し込み、振込での融資を受けられます。
また、アコムに直接問い合わせたところ希望があれば職場への電話連絡をしない場合もあるとの回答が得られました。
アコムの自動契約機(むじんくん)の在籍確認の電話をなしにする方法
電話連絡が嫌だという人も、一度アコムに相談してみてはいかがですか?

SMBCモビットに申し込む前に10秒簡易審査を受ける

SMBCモビットのホームページからカードローンを申し込むと、10秒で簡易審査結果表示がされます。

SMBCモビットの10秒簡易審査はコンピューターによる事前審査。

申込フォームに入力した一通りの情報をもとに診断しますので、少ない情報で行われる他社の10秒簡易審査とくらべて診断精度は高いと言えます。

たとえばアコムなら年齢、年収、他社借入額、アイフルなら年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力するだけで、診断結果が出ます。

そして、アコムもアイフルも“年収1万円”と入力しても“融資の可能性がある”と出るため、実際の審査結果に近いかどうか、少し疑問を感じるところです。

それに比べてSMBCモビットの10秒簡易審査は、明らかに融資が受けられない場合などは即座に結果がわかるので、借入計画を早く立てたい人には便利なサービスです。

また、SMBCモビットのホームページでは、返済シミュレーションも可能です。

返済シミュレーションでは毎月の返済額、返済月数を試算できるので、返済計画を立てるのに役立ちます。

10秒回答の簡易審査をお試し
WEBなら24時間受付

SMBCモビットと契約した後の借入方法

いくら審査が早く終わっても、その日のうちに借り入れる手段がなければ意味がないですよね。

SMBCモビットで即日融資を受けるには審査が終わり、会員登録を終えた後、『モビットカード』か『口座振込』で借入できます。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットカードで出金する

三井住友銀行のローン契約機でモビットカードを発行し、提携ATMでお金を借入れます。
コンビニの提携ATMならほぼ24時間利用できますが、三井住友銀行のローン契約機は24時間営業ではありません

三井住友銀行のローン契約機は場所によって営業時間が異なる(9:00~18:00の場合が多い)ため、公式ホームページで時間を確認しておきましょう。

指定金融機関への口座振込で借入

ローンカードが手元に届く前でも、即時振込対応の時間内であれば指定の銀行口座への振込で借入できます。

2018年10月15日から全銀システムに参加する全国200以上の銀行を対象に、SMBCモビットは原則24時間365日の即日振込みサービスを開始。

最短3分後には指定口座への振込完了し、SMBCモビットのローンカードなしで融資が受けられます

ただし、24時間365日振込の対象となった金融機関であったとしても、メンテナンスなどで振込が遅れる場合もあるので注意。

受付可能な時間については、対象金融機関のHPなどに記載されているので、振込先口座として指定する銀行が対象なのかも、合わせて確認することをおすすめします。

なお対象となった銀行以外への振込は、平日14:50が締め切りです。

【ちなみに…】増額審査は2~3日かかる

SMBCモビットでは利用限度額を増額したい場合、コールセンターに電話すれば、再度審査を受けて、増額できるケースがあります。

増額審査に通過するには、新規申し込みから一定期間が経過し、収入や就業状況がよくなる、もしくは借入実績(延滞することなくきちんと返済を続ける)を積まなくてはなりません。

増額審査は、多くの場合は2~3日、場合によってはそれ以上の日数を要します。
新規申込時よりも限度枠を増やすのですから、審査は厳しく慎重に行われるため、それなりの時間がかかるのです。

ここで一つ注意しておきたいのは、増額申請はむやみに行ってはいけないということです。
利用者の状況が悪化している場合には、増額審査を受けることで逆に利用限度額の引き下げ、利用停止などの処分をされることがあります。

増額審査を受けるタイミングは、良質な利用実績が積まれてきた、年収が上がった、他社の返済が終わった、というように、あなたの信用力が上がったときに合わせましょう。

まとめ

SMBCモビットの新規申し込みは、最短30分で審査回答、即日融資が可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

急ぎで融資が必要な人は、公式サイトに明記されている審査を最速で終わらせる手順を利用しましょう。

それに加えて、申し込む前に審査時間を短くする対策を紹介していますので、SMBCモビットに申し込む際には、是非この記事を活用してください。

 

監修者からのコメント
高山てつや

SMBCモビットは公式で、審査を最短で終わらせるルートを紹介してくれています。

審査を受ける際はしっかり確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加