アコムへのログインは暗証番号が必須!会員ページでできる7つの取引

更新日:2020/11/02
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからアコムに申し込もうという人、カードローンを各社比較中の人は、より多くの情報を求めて、アコムのホームページを開かれたことと思います。

そして気になるのが「会員ログイン」ボタン。
ログインは、アコムの契約者しかすることができません。

中が見られないとなると、ログインした先に何があるのか、気になって仕方ありませんよね。
会員ページは、あくまでもカードローン利用中の人にとって便利なページで、インターネットで借入や返済、利用状況を照会するために設置されているものです。

申し込み前に役立つ情報は、ログインしなくても十分に記載されています。
ログインすると何があり、どんなことができるのか、アコムの気になる会員ページについて紹介します。
大手消費者金融アコムの利便性がますます向上していることを実感されることでしょう。

アコムに契約すると会員ページにログインできる

アコムのカードローンに申し込み、審査通過して契約手続きが完了すると、会員サービスが利用できるようになります。

会員サービスの多くは、アコムの公式サイトから会員専用のページにログインすることで利用できます。

アコムのログイン画面

会員ページの利用対象は、ローンカード(キャッシング専用、通称ACカード)、ACマスターカード(クレジットカード)のいずれかを持っていること。

ログインボタンの近くに「ご利用中/以前ご利用のあった方」と記載されているように、現在借入中の人だけでなく、以前に利用していた人でも、カードを持っていればログインすることができます。

以前利用していたが解約した、カードを廃棄・紛失した、ACマスターカードの有効期限が過ぎたという人はログインできないこともあるので、アコム総合カードローンデスクへ電話して問い合わせましょう。

担当者が契約状況やログインについて確認してくれます。

アコム総合カードローンデスクは会員向けの窓口ですので、非会員で質問がある人は、フリーコールに電話しましょう。

カードの管理は万全に

アコムの会員ページにログインするには、会員番号と暗証番号(パスワード)の入力が必要です。

会員番号は、ローンカードもしくはACマスターカードに記載された8桁の番号、暗証番号は契約の際に自分で決めた4桁の番号です。
暗証番号は、ATMでの借入や返済時にも使用する大切なものです。

他人に悪用されないように、暗証番号は誕生日や電話番号といった推測されやすい番号は避けましょう。

また、家族に内緒で借入している場合、カードが見つかった時点で借入がばれてしまいますが、さらに暗証番号が予測されれば、会員ページの詳細な情報を家族に見られる恐れもあります。
快適なキャッシングのために、暗証番号やカードの管理については申し込み前に万全な準備を行ってください。

カード発行については、店舗や無人契約機、もしくは郵送での受け取りとなります。
アコムのカードローンの利用で「来店不要」「郵送物なし」の両方はかなわないことも頭に入れておくとよいでしょう。

来店不要、郵便物なしが希望ならカードレス契約がおすすめ

来店不要、郵便物なしでカードローンを利用したい人には、アコムのカードレス契約がおすすめです。

WEBから申し込む際にカードレス契約を選べば良く、特に難しいことはありません。

ただし、アコムでお金を借りるためのローンカードが無い場合は提携ATMを利用した借入と返済が出来ません

ご注意ください。

アコムの会員ページでできること

それでは、会員ページにログインすると何ができるのでしょうか。
大きく分けて7つの会員メニューを紹介します。

<ログインページの会員メニュー>
1. 振込による借入
2. 振込による返済(インターネット返済)
3. 残高期日の照会
4. 利用明細の照会
5. 個人情報の変更手続き
6. eメールサービスの登録
7. 極度額の変更依頼(※できるとは限りません!)

1)振込による借入

これまで借入と言えば、アコムやコンビニのATMで受け取るのが主流でしたが、ATMに行く必要のない振込キャッシングの人気も高まっています。

インターネットが繋がる環境にあれば、会員ページから、土日祝日関係なく24時間借入申し込みができ、登録した銀行口座にお金が振り込まれます。
手数料無料なのもうれしいポイントです。

アコム振込融資のメリット

会員ページの「振込によるお借入れ」、「振込による借入の申し込み」を順に選択し、借入額を入力するだけで簡単に手続きできます。

楽天銀行口座であれば24時間振込可能ですが、他の銀行の場合、申し込み時間(概ね平日14:30まで)によって翌営業日の入金となりますので、急ぎの際は早い時間に申し込みを行ってください。

2)振込による返済(インターネット返済)

会員ページからインターネット返済ができます。
インターネットバンキングを利用した返済方法で、振込手数料無料、24時間、土日祝日も利用可能ととても便利です。

アコムのネット返済のメリット

会員ページの「インターネットによるご返済のお手続きを開始」をクリックすると、次回返済金額と返済期限が表示されます。
返済金額を入力したら、次は利用する金融機関の選択をしてインターネットバンキングにログインし、決済口座を指定すればアコムへの支払いが実行されるという流れです。

ただし、アコムのインターネット返済が可能な金融機関の口座を持っていないと利用できませんので、事前にアコム公式サイトの「インターネットバンキング可能金融機関(銀行・信用組合)」を参照しておいてください。

また、金融機関によってはスマホ非対応のこともありますので、スマホ非対応であればパソコンから返済手続きを行う、パソコンも利用できなければATMから返済するなど、返済方法を変える必要があります。

インターネット返済では、一括返済や繰り上げ返済も可能です。
返済は早く元本を減らすほど利息が少なくなりますので、お金に余裕のあるときには多めに返済するのがお得です。

3)残高期日の照会

借入残高、次回の返済期日が確認できます。
いつでもパソコンや携帯から照会できて便利です。

4)利用明細の照会

アコムでは、利用明細の確認方法を「書面の郵送」「アコムホームページで確認」のいずれかから選択できます。
自宅や勤務先に利用明細書を送付されたくない人は、ホームページでの確認を選択しましょう。

明細書など 記載内容
貸付明細書 カードローンの借入内容
※取引日・取引額など
入金明細書 カードローン返済、クレジット払いの取引内容
※取引日・取引額など
カードご利用明細書 クレジットの利用内容・口座振替の振替内容。

利用明細の確認方法は、後で会員ページの「書面の受け取り方法」で変更することもできます。
利用明細では、過去の借入・返済の取引日や金額、クレジット利用履歴、口座振替の振替内容を見ることができます。

5)個人情報の変更手続き

住所、電話番号、勤務先、氏名といった個人情報の変更手続きができます。
収入証明書を求められた際には、書類を画像データとしてアップロードして提出できます。

6)eメールサービスの登録

カードローン利用者がeメールサービスに登録すると、返済日を3日前と当日にメールで通知してくれます。

さらに返済期日を経過した場合もお知らせが届きます。
延滞すると遅延損害金が請求されるほか、信用情報に傷がつきますので、支払期日を忘れないためにeメールサービスの登録がおすすめです。

そのほか、キャンペーン情報、ACマスターカードを持っている人にはカード更新の案内が届きます。

7)極度額の変更依頼(※できるとは限りません!)

カードローンを契約すると、アコムの審査によって利用者それぞれに利用限度額が設定されます。

契約から半年以上経過し、一定の返済実績ができれば、利用限度額を増額できる場合があります。
一定の条件をクリアした利用者の会員ページには「極度額等の変更のお申込み」が表示され、申請すると増額の審査を受けることになります。

増額については、会員ページの表示だけでなく、メールや電話で案内が入ることもあります。
注意したいのは「増額の案内≠増額可」ということです。
審査を受けたからと言って、希望額が通るとは限らず、審査自体に落ちることもあります。

消費者金融は総量規制の都合もあり、銀行カードローンに比べ借入可能額が限られます。
年収の3分の1以下を目安に、希望額はなるべく少なく申請しましょう。

ログインしなくても利用できる?インターネットが苦手な人は?

会員ページにログインすると、借入や返済など便利なサービスが受けられることがわかりました。
しかし、なかには家にパソコンがない、携帯画面の操作は苦手という人もいるかと思います。

当然のことながら、ログインしなくてもカードローンは利用できますし、来店の手間を少なくすることは可能です。

インターネットを利用しない人に便利な会員サービスのひとつに、「プッシュホンサービス24」があります。
電話で振込キャッシングの申し込み、残高照会、返済期限の確認などが24時間できるというもので、電話をかけて音声ガイダンスに従って操作を進めます。

利用するには8桁の会員番号または、16桁のクレジットカード番号が必要になります。

まとめ

アコムのホームページには、会員専用ページがあり、カードローンもしくはクレジットカード(ACマスターカード)の契約者が利用することができます。

パソコンや携帯から、振込キャッシング、インターネット返済、残高期日や利用明細の照会、個人情報の変更手続き等が行え、インターネット環境のある人にはとても便利なサービスと言えるでしょう。

会員ページの利用は、なるべく店舗やATMに足を運びたくない、自宅への郵送物を減らしたいという人におすすめです。

インターネットが苦手という人は会員ページを利用しなくても、自動契約機や電話、ATMから申込や借入、返済を便利に行うことが可能です。

アコムのカードローンは、あらゆる人が利用しやすいように工夫されているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加